同じ空の下で・・・♪

庭の花のこと、日々の出来事を・・・・

サクシセラ

オレンジ色のヘレニウムの中にサクシセラが咲きだしました。
初夏からずっと咲き続けているマツムシソウに似ていると思ったら
サクシセラはマツムシソウ科なのでした^^

sakusisera2016-7.jpg

たまに花殻摘みをするだけで手間いらずのマツムシソウの白色。
全体の姿が乱れたので切ってしまおうかと思ったのですが
手抜きをしているうちにツボミがたくさん上がってきました。

matumusihowa2016-7.jpg

その後・・・(追記)
ツボミだったマツムシソウが二日でこんなになりました。
たまには手抜きも良いことがあります ヾ(ーー )ォィ

matumusizerani2016-7.jpg

ヒオウギが元気です。
種の袋も出来つつあり秋には黒い種がアクセントになってくれるはず。

暑い夏が終わって早く過ごしやすい秋になって欲しいです。
・・・って、まだ子供たちの夏休みが始まったばかりですね^^;

↓この後草むしりをしたので今はもう少しくっきりとした踏み石まわりです。
アジュガとサギゴケ、リッピア、所どころリシマキアが混ざって
えらいことに・・・
とりあえず、踏み石とタイルに覆い被さったものを抜きました。

niwa2016-7natu.jpg

スポンサーサイト

PageTop

バーノニア

バーノニアは英名がニューヨーク・アイアン・ウィード。
一昨年、白馬コルチナ イングリッシュガーデンで苗を買った時は
アイアン・ウィードという名前で売られていました。
コルチナ イングリッシュガーデンは英国人ガーデナーの
マーク・チャップマンさんが手掛けているので
植物の呼び方も英名のほうが使いやすいのかも。

白馬山麓で育つだけあって、寒さに強い宿根草です。

aian2016-7u.jpg

こんなふうにモジャモジャした花の集まりで
赤紫色が目立ちます。

庭にも出たくない暑さのこの頃ですが
この色と立ち姿に元気がもらえる気がします。

ba-nonia1016-7.jpg

枝が枯れていくので、これもダメになるんだろうと思っていた
クレマチス・フルディーンが高い所で咲いていました。
カメラだけ上に持ち上げて撮りましたが
葉っぱもまだ生きていて、もしかしたらもしかするんじゃないかと
淡い期待を持っています^^

furude-n2016-7.jpg

PageTop

オレガノ・ヘレンハウゼン

オレガノ“ヘレンハウゼン”が今年はたくさん花を付けました。
オレガノといってもオレガノ・ケントビューティとは全然違う姿かたち。
ポット苗を買って花壇の端に適当に植えたのですが
2年ほどでずいぶん広がりました。
暑さ寒さに強く、植えっぱなしでは増え過ぎるようです。

暑さに弱いケントビューティとは扱いやすさが違います。
育てやすくて増えるのはこの後 吉と出るか凶と出るか・・・
花のピンクと葉の赤味が好みで、今のところ吉寄りですが^^

oreganohere2016-7.jpg

半日陰の痩せ地にボルトニア(アメリカ菊)を植えています。
地下茎で増えていくので硬い地面がちょうど良い増え具合です。

borudo-2016-7.jpg

虫が付かないのと切り花が長持ちするのが良いところかな?
夏の終わりまで咲いてくれるのもハナマルあげたいところです^^

amerikagiku2016-7.jpg

PageTop

カサブランカ

カサブランカが満開です。
ここには二球植えこんでいて庭に良い香りが広がります。

カーラジオから流れてきた話では
朝の方が百合の匂いが強いそうで、
なるほど、そう言われてみればそんな気がします。

kasaburanka2016-7.jpg

いよいよ見頃を迎えますよ~♪の頃。
これくらいの時が一番わくわくしますね。

kasa2016-7bura.jpg

今年新しく仲間に入れた宿根フロックス“ディビットラベンダー”です。
フロックスにはいろんな色や模様のものがありますが
今まで宿根草を買っていた植物園の通販はほぼ売り切れ中で、
これはホームセンターの園芸部門で買いました。
花の後に切り戻すと9月まで咲くそうで
夏痩せ(?)の花壇で貴重な存在になりそうです。

furokusu2016-7-22.jpg

ダリア“ミッドナイト”はプロフィール画像のように黄色の花のはずですが
周りの何かから色が移ったのか(?)オレンジ色が混ざっています。
銅葉なのでくっきりとした黄色が合うんですけど・・・
これからどうなるのか要観察です~^^

dariamiddo2016-7.jpg

PageTop

オオボウシバナ

ばんばさんに種をもらって撒いたオオボウシバナが咲きました。
大きなツユクサという感じ・・・なるほどツユクサの栽培変種だそうで、
少しウェーブのかかった青い花が綺麗です。

oobousibana2016-7h.jpg

花の大きさは普通のツユクサの倍はあるでしょうか。

oobousi2016-7hana.jpg

草丈が105cmもあります(あまりに高いので測ってみました)

鉢とのバランスがおかしなことになってます^^;
他の植物の間に鉢を置いたら良いかもね!

zennoobousi2016-7.jpg

ヒオウギ(檜扇)は”扇”を広げたような姿でなかなかの存在感です。
右側の半分は小道にはみ出しているし抜いても良いのですが 
せっかく育っているのでそのままに・・・
  
hiougi2016-7.jpg

そのちょっと邪魔なところのヒオウギに一番花が咲きました。
秋にはツヤツヤした真っ黒の種が花の代わりになるほど綺麗なので
人間が少し避けて通れば問題なし!^^

hiougihana2016-7.jpg

PageTop

ロベリア

今、庭で目立つのは真っ赤な花と銅葉が夏にも負けない感じの
宿根ロベリア(サワキキョウ)です。
去年株分けして、二か所に植えましたが
いくら強いといってもいろいろ植え過ぎて鬱蒼とした所では
モヤシのようになって、まだ花も咲きません^^;
秋には広い所へ救出するつもりです。

swagikyou2016-7.jpg

オレガノケントビューティ。
元の株は木質化してもろくなったので
挿し木で更新しています。

oreganokento2016-7.jpg

なんてエレガントなお姿 ♡
花はピンクで、エレガント~♡に見えるのは
「苞葉(ほうよう)と呼ばれる葉が変化した部分」ですね^^

kentohana2016-7.jpg

アジサイのニューミチコがピンクから淡いグリーンに変わってきて
これもまた綺麗です。
枯れて花がしわしわになるアジサイもあれば
ニューミチコのように長く楽しめるものもあり・・・
アジサイもいろいろですね。

地植えで咲かない「墨田の花火」は撤去しましたが
ベランダに置いた鉢で見事に花を咲かせた友人から
挿し木の墨田をもらいました。
親が同じなので鉢植えで咲くかも!様子を見たら?・・と。

まだ20cmほどの苗ですから咲くまでかなりかかりそうです。
気長に待ちます。

nyu-mitoko2016-7.jpg

PageTop

タリクトラム・デラバイ(カラマツソウ)

タリクトラム・デラバイは
おととしの夏から家の庭の住人です。
少し離れた大型のホームセンターの園芸コーナーで
良いな♡・・と思いながら置いてきてしまって
次の日に迎えに行きました^^

最初は鉢植えで・・・
大きくなったので地植えにしました。

tarikutoramu2016-7p.jpg

丈が150cmにもなるのに花が細かいので目立ちませんが
切り戻すと8月まで繰り返し花穂が上がって
花が少ない夏の庭で良い仕事をします^^

tarikuto2016-7pinku.jpg

雨が降ったり蒸したりで庭の事をサボりがちなこの頃。
大きめのホスタの花も見ないうちに半分終わってしまいました。

今朝は少し頑張ってバラの消毒をしたのですが
近くに羽黒トンボがいたらしく ☆にしてしまいました
コガネムシやバラゾウムシは天敵ですが
か弱いトンボ(別名ホソホソトンボというらしい・・・・)
可哀そうなことをしました。

そしてコガネムシときたら、消毒ぐらいじゃ弱りもせず
バラの真ん中をカジカジと・・・ヽ(*`□´*)/キィー
油断も隙もありません!!

gibou2016-7.jpg

PageTop

ツルバキア“シルバーレース”

ツルバキアは庭に2種類あるのですが、
ツルバキア・シルバーレースは周りの植物に埋もれて花が咲きませんでした。
それで去年、花壇の縁のゆったりした場所に植え直しておきました。

機嫌が直って(?)ようやく花が咲きました。
花は同じですが葉が斑入りで涼しげです。
この株が大きくなって株分けできるほどになると嬉しいのですが
増えるのは斑入りじゃないツルバキアばかりです~^^;

turubakiasituba2016-7.jpg

フロックスの白色が咲きだしました♪
夏の間、絶え間なく咲いてくれるのが花壇向きで良いと思って
今年の春にピンクも買いました。
(↑ツルバキアの横に植えています)

furokkusu2016-7siro.jpg


昨日はひどい土砂降りで庭がびしょ濡れでした。
排水が追い付かず(もともと水はけが悪い箇所がある庭ですが)
金魚が飼えそうな水たまりが~~

 雨・・そっと降って欲しいです。

PageTop

ジプソフィラ

細かい花です、ジプソフィラ。
零れ種がなぜかミニトマト(不作)を植えたプランターに出て、
それが他より元気です。どこで咲いても細かいですけど・・・
曇り空ではダメで、きっぱり晴れないと開きません。

・・・空。
と言えば夕べ大きくて流れる時間の長い流れ星を見ました。
綺麗で見とれていて願い事は思いつかず・・・

zifiso2016-7.jpg

斑入り葉のカラーが一つ咲きました。
知人が育てるカラーは一株に30輪も、それ以上も咲くので
一輪なんてささやか過ぎますが庭で見つけると嬉しいです (^ー^* )フフ♪

kara-2016-7.jpg

PageTop

ゴールデンボーダー

ゴールデンボーダーは小輪の修景バラで
黄色からだんだん白っぽく変わって散っていきます。
花付きが良くて四季咲きなので庭の入口に植えました。
わぁ~~っと咲いて目立つ・・・というところまではまだ育っていませんが。

クレマチス白花ハンショウヅルが先に植わっている横に
肥料をたっぷり漉きこんで植えました。
白花ハンショウヅルが立ち枯れになったのは
バラの肥料もらって肥料過多になったせいかな?とも思います。

kitayamabara2016-7-8.jpg

たぶん花壇の中には何本かあると思うのですが埋没中で、
これはコモチレンゲの鉢に芽を出したネジバナです。
浅い鉢なのによくぞ倒れず真っ直ぐに立ってくれて・・(゜ーÅ)

nezibana2016-7-7.jpg

ピンクの紫陽花は色褪せてきましたが
ノリウツギ“ミナヅキ”の蕾が見えてきました。
秋に強剪定したので1mほどの丈で大きめの花が咲く予定です。
花後に花だけを摘む弱剪定にすると
花は小さくなるものの花数が増えるそうなので
今度は弱剪定にしてみるつもり。

気候が冷涼だと秋にはピンクに色付くのですが
家では綺麗になりません。
残念!!

minazuki2016-7-8.jpg

PageTop

クチナシ

庭へ出るとクチナシの甘い香りがします。
木はまだ小さいですが花は大きくて匂いも充分!

終わりがけが茶色で汚くなるのが玉にキズですが
薄緑色のツボミも白い花も綺麗です^^

kutinasi2016-7.jpg

消えてしまったかと諦めていた白色の桔梗が咲きました♪
庭の端のプランターに閉じ込めて水やりもおろそかでした。
せめて素焼きの鉢にでも植えたら良いのに・・・
と、花が咲いたときだけ思います。
鉢・・・重いのは手に負えない今日この頃なり ^^;

kikiyou2016-7si.jpg

何を撮りたいのかハッキリしない写真ですけど、
撮りたいのは紫三つ葉で、細かい花が咲いています。
茎も赤紫色なので、脇役にすると良い感じ^^

今年も種を零しておきます。
春に芽が出たら不要なのを毟って微調整を~(^^)v

murasaki2016-7mi.jpg

PageTop

ソルボンヌ

オリエンタル ハイブリット リリー “ソルボンヌ”。
ヤマユリ・カノコユリなど日本産の交配親から生まれたそうです。
ツボミはヤマユリに、花のソバカスはカノコユリに似ています。

虫よけジェルを塗ってササッと写真を撮って戻ったので
テッポウユリの終わった花がそのままになってると、
写真を見てから気が付きました
ソルボンヌの周りも込み合ってボーボーだし、
あれこれしなくてはならないことが見えて焦ります。

蒸して暑いので庭仕事はパスですが・・・( ̄^ ̄;)A

sorubonnu2016-7.jpg

黄花コスモスの最初の花はオレンジ色でした。
丈が大きくならないので植え込みの手前に植えると良い感じ♪

kibanakosu2016-7.jpg

PageTop

リボングラス

暑くて蒸す日が続きます。
今回の記事は少しでも涼しげなのを・・・と選んでみました^^

リボングラスに穂が出て来ました。
奥に見えるのはフウチソウで、どちらも縞々が爽やかです。

ribongurasu2016-7.jpg

タイムの花も・・・

taimu2016-7.jpg

ゲラニウム・ジョンソンズブルーは咲き始めの頃は爽やかなブルーでした。
花が小さくなりながらも絶えず咲き続けて、紫が強くなってきたようです。

zyonsonzuguru2016-7.jpg

クレマチスの白花ハンショウヅルが立ち枯れてしまいました( ̄ェ ̄;)
枯れていない枝もありましたが少しづつカットしていても次々と・・・
なので地際から50cmくらいのところで思いっきり切りました。
良いのか悪いのか分からないけど地面に「菌の黒汁」も散布しました。

その後、ネットでクレマチスの立ち枯れについて調べたところ
地際からバッサリ切ると、運がよければ地中から新しいツルが出てくることがあると
書いてあったので、ダメで元々試しに地際で切り直しました。

かなり大きな株に育っていたのでがっかりはしましたが
幸い、挿し木して3年目(?)の苗が息子の庭で育っていて
今年挿したのもどうやら根が付いたようなので
一から育て直しです。

PageTop

アリウム丹頂

ヘレニウム(ダンゴギク)の周りにアリウム丹頂を植えて
ガウラも混ざって咲けば楽しい感じになるかも・・と思いましたが
丹頂が丸いポンポンにならず、調子が悪いです^^;

丹頂は細かい球根が増えるばかりで、
もう球根を買い直さないといけない時期なのかも。

tantyou2016-6.jpg

柏葉アジサイのドライフラワーを作ろうとして
これで2度失敗に終わっています。
収穫時期が早かったようですぐに花が萎んでいきました^^;

下の方から切っているので、それほどうな垂れた感じはしませんが
柏葉アジサイは雨の後はとくにお辞儀します。
深々と・・・

それが難点かと思っていましたが
先日見かけた余所のお宅の柏葉が見事な花数で
小さい滝のように流れるように垂れ下がっていて
こういうのもアリだわ♡と思い直しました。

kasiwabario2016-7.jpg

よくある赤色のチェリーセージは
倒れかけた枝の方に花がたくさん咲きました。
行儀が悪くてもツボミがあると切れません^^;

tyeri-se-zi2016-7t.jpg

PageTop