同じ空の下で・・・♪

庭の花のこと、日々の出来事を・・・・

ミニトマト

プランター植えのミニトマトは終盤です。
・・というほどの収穫があったわけでもありませんが、
孫が遊びに来て、採るのが楽しそうだったので
植えて良かったです。

苗えた2本は、プリンセス ロゼ と シュガープラム で
どちらも美味しいトマトでした。

↓雨が降った後のプリンセス ロゼ。
シュガープラムはほとんど採れなくなりました。

minitomato2015-7s.jpg

雨でも、雨の方が、雰囲気があるカレックス。

karekkusu2015-7.jpg

雨で、シャンプーされたワンコみたいになっているユーパトリウム。

yu-patoriumu2015-7.jpg

晴れた日のユーパトリウム。
鉢植えですが、鉢いっぱいになりました。
きっと地中では地下茎が凄いことになっていると思います。

yu-pato2015-7.jpg

ずっと以前、庭の隅にホオズキを植えたことがあり、
白くて勢いのある地下茎がずんずん伸びるのが怖くなって
完全に出なくなるまで撤去しました。

今思えば、鉢に入れるとか根止めのような物で囲むとか
ホオズキも上手く植えられたと思うのですが・・^^;


スポンサーサイト

PageTop

ミナヅキ

ノリウツギ ミナヅキが見頃です。

このところの炎天下でもスックと立っていたのに
夕べの大雨でうなだれましたヽ(+∇+)ノアウ

minazuki2015-7-2.jpg

細い苗木を買ってから5年目。
剪定は強剪定でも弱剪定でも選べるので
今までは強剪定にして
地際から数節のところで切っていました。

花の後、花だけを切る弱剪定にすると花数が増えるようです。
(花は小さめになるかと・・)

雨粒を払って紐でしばったのでちょっと不自然ですが
全体はこんな感じ。 うぅ。。。藪の中!

minazuki2015-7.jpg

紐で縛ったところの下にのぞいている↓のはビバーナムの葉です。
剪定が下手で枝振りがひどいことになって・・・
嫌になって掘り起こしました。
株はほとんど掘り起こして、庭の隅に放置!
ここには、ほんの少し残したのが育っています。

minazuki2015-7h.jpg

その放置されたビバーナムを可哀そうに思って、
北側に植えていた人があり。
5月に花が咲きました (Ψ▽Ψ*)イヤン♪

たまたま、今朝 ミナヅキを撮った古いカメラの中に残っていました。

biba-namu2015-7.jpg

PageTop

庭の花

カサブランカは台風にも逢わず無事に咲きました。

下の方に茶色くしぼんで見えるのはクチナシの花。
花の終わりがけが汚いのが難点ですが
ほんの3輪でも、咲いていた時には庭にいい香りが漂っていました。

kasaburanka2015-7ku.jpg

庭の真ん中の花壇にも花数の増えないカサブランカがあります。
黒花ヒキオコシやツルバキアの間に埋もれるように・・・

上の↑カサブランカの話題にならなければ
日の目を見なかったかも。
朝から夕方まで陽が当たって、暑くて放置状態です^^;

kasaburanka2015-7k.jpg

去年、白馬コルチナ・イングリッシュガーデンで苗を買って来た
広葉マウンテンミントは銀葉が涼しそうでなかなかGood!
倒れにくくて虫も付きません。

hiroba2015-7mau.jpg

ずっと咲き続けてくれるヘレニウム。
倒れにくいのも虫が付かないのもマウンテンミントと同じで
なるべく庭の手入れに出たくない季節には有難いです(*μ_μ)v

hereniumu2015-7hi.jpg

PageTop

白馬コルチナ・イングリッシュガーデン

長野県小谷村の「白馬コルチナ・イングリッシュガーデン」は
もともとの地形を活かしたイングリッシュガーデンです。
林の木も残してあって自然な感じが、
散策していてもホッとします。

スキー場のリフトの通り道に沿うように作られているので
水はけも風通しも良さそうで、
庭が新しいということもありますが清潔感いっぱい!

梅雨の間にすっかりジメジメした感じになってしまった
自分の庭と比べてしまいました^^;

korutina2015-7.jpg

階段を登ったところにあるのが、塀に囲まれたウォールドガーデン。

korutina2015-7-2.jpg

内側はこんな感じです。

korutina2015-7-3.jpg

家では大きくなり過ぎた感のあるフィソカルパスディアボロが
銅葉ならではの良い仕事をしてました。

korutina2015-7-4.jpg

バーベナハスタータ(?)かと思いますが
光の当たり具合がとても綺麗でした。

korutina2015-7ba-bena.jpg


通路と花壇の仕切りに木が使ってあって
片側に切り込みを入れて曲げてあるようです。

korutina2015-7-9.jpg

黄色の花、ヘリオプシスサマーナイトが涼しげに揺れています。
大暴れ中の家のとは大違い^^;

korutina2015-7-he.jpg

広くて風通しが良いから出来ること。
サマーメドウガーデンは癒されてずっとそこに座っていたい気持ちになります。

korutina2015-7-7.jpg

何気ないけど・・・きっと考えられてますね。

背の高い薄紫の花はチコリーと書いてありました。

korutina2015-7-6.jpg

ここは、ベンチに座っているだけで気持ち良かったです~♪

korutina2015-7be.jpg

グラスガーデン

korutina2015-7gu.jpg

花が終わったバーバスカムが立派に景色を作っています。

ba-basukamu2015-7.jpg

今まであった11のエリアの他に、
今年、12番目のエリア、ウッドランドトレイル(癒しの森の散策路)がオープン。
去年は造成中で入れなかった道を歩くことが出来ました。

あちこちに、こんな風に出来立てホヤホヤの場所が・・・
ゆっくり林に馴染んでいくのだと思います。

シラネアオイやミズバショウは終わっていました。
これは、カライトソウですね。

korutina2015-7uddo.jpg

山の上部から戻って、ウォールドガーデンです。
オープン二年目のガーデンは完成度が高い~( ̄ー ̄)v

korutina2015-7-se.jpg

コルチナガーデンショップは
ガーデングッズを売っている小さいお店。

外には花苗も売っていて、
性質も分からないまま宿根草を3鉢も買ってしまいました。

植える場所を探すのが一大事!
家に帰ってからとりあえず花壇に植えこみましたが
どれも丈が高くなりそうで、場所を決めるのは秋までの宿題です^^;

ga-densyopu2015-7.jpg

ショップの周りや花苗売り場にあった寄せ植えは
カラミンサやバーベナ、ローズマリーetc・・・
家にあるものだけど、自分で作るとこうはいかない。
地下足袋姿が決まったガーデナー君たち(?)のセンスですね。

yoseue2015-7korutina.jpg

PageTop

栂池自然園へ。その3

栂池ビジターセンターで、今咲いている花の花情報を買ったのですが
載っているだけで64種類。
撮影日から一週間経っていたので、その他にも咲いているものがあって
宝探しのように花を見つけては写真を撮って・・・

あちこちで咲いているから後で撮ろうと思って撮っていなかった
ショウジョウバカマ。

反対向きに咲いているので他で探そうと思ったら
他では見つからなかったグンナイフウロ。

崖の向こうに咲いていたヤナギラン。
もしかしたらの紫色はトリカブトだったかも。


撮れた花がもう少しありました。

ミヤマアキノキリンソウ

miyamaakinokirinsou2015-7.jpg

ヤグルマソウ

yagurumasou2015-7.jpg


ロープウェイやゴンドラリフトに乗るために歩いた道に
咲いていた花。

クルマユリ

kurumayuri2015-7.jpg

ヤマクワガタ
道端に可愛く小さくたくさん咲いていました。

yamakuwagata2015-7.jpg

シロバナハナニガナ

sirobananigana2015-7.jpg

ヒオウギアヤメ

hiougiayame2015-7.jpg

タニウツギ

taniutugi2015-7.jpg


栂池の花々に長々お付き合い下さってありがとうございました^^

PageTop

栂池自然園へ。その2

栂池自然園では、まだ雪解けの下から芽生える植物もあります。
桜やショウジョウバカマなど、こちらでは春に終わってしまったものが
ようやく咲いているくらいですから。

tugaike2015-7d.jpg

チングルマ

tinguruma2015-7.jpg
 
イワイチョウ

iwaityou2015-7.jpg

マイヅルソウ

maizurusou2015-7.jpg

ベニバナイチゴ

benibanaitigo2015-7.jpg

ニッコウキスゲの蕾たちがスタンバイしているところです。

kisuge2015-7.jpg

ミツバオウレン
ピントが合わなかったのは木道から離れて咲いていたせいです。
・・ということに~^^;

mitubaouren2015-7.jpg

綿を付けたような姿で点々としているのがワタスゲで、
花が終わった後の、これは種子のかたまりのようです。

ワタスゲとコバイケイソウ

watasuge2015-7koba.jpg

種子になったワタスゲ

watasuge2015-7.jpg

ウラジロナナカマド

urazironanakamado2015-7.jpg

オオカメノキ

ookamenoki2015-7.jpg

ハクサンコザクラ
これもまた小さな花で、木道から離れて咲いているので
ズームでようやく捕えました^^

hakusankozakura2015-7.jpg

オオバミゾホオズキ

oobamizohoozuki2015-7.jpg

オタカラソウ
これから咲き揃うシーズンを迎えるようです。

otakarakou2015-7.jpg

涼しい風が吹く木陰もありましたが
ここは格別の冷気!
風穴の近くは3℃でした。

fuketu2015-7.jpg

急な坂道を登った先に白馬三山が見えるはずでしたが
ちょうど山に雲がかかっていて見えません。
山は残念でしたが、この先は崖なので、
吹き上げる風の気持ち良いこと・・・しばしの休憩。

崖の途中にも花が見えて、下りて行きたいほど魅力的♡
でも、ロープが張ってあって足元注意の場所でした。

ヤセ尾根

yaseone2015-7.jpg


イワオウギ

iwaougi2015-7.jpg

ハクサンオミナエシ

hakusanominaesi2015-7.jpg

さらに登って、標高2,010mの展望台へ。
少し雲が切れて白馬岳が見えました。

tennbou2015-7tuga.jpg

途中に案内板があるので、分かれ道では道を選んで。
距離が書いてあるのも励みに(?)なります。

annaiban2015-7.jpg

ミヤマキンポウゲ

miyamakinpouge2015-7.jpg

出発したビジターセンターまでもう少しです。

bizita-2015-7.jpg

高山植物ばかりですがもう少しだけ続きがあります。
自然園から歩いてロープウェイの駅へ行く途中に
また可愛く咲いている植物があって・・・
みんな仲間に入れたいと思います。


PageTop

栂池自然園へ

長野県小谷村の栂池自然園へ行って来ました。
今年はコバイケイソウの咲き年とかで、
それは見事な咲きっぷりでした。

tugaikesizenen2015-7.jpg

栂池自然園へはまず白樺駅からゴンドラリフトに乗って栂の森駅まで。

ゴンドラリフトは下から見上げたときに見えた雲の中へ~。
雲を抜けたら雲海が見られるかも♡と期待しながら行きました。

tugaikerifuto2015-7.jpg

ゴンドラの駅を下りたら少し歩いてロープウェイの栂大門駅へ。

tugaikero-pu2015-7.jpg

ロープウェイで自然園駅に着いてみると、
雲はどこにも無くて強い日差しが!
ロープウェイの駅から自然園の入り口までまた400mほど
歩かなくてはなりません。

ここまでがすでに遠く、“さるなしソフト”で栄養補給 。
すぐに食べてしまって写真を撮るのを忘れました^^;

さて、出発!

花情報(7月17日現在)で64種類の花が紹介されていましたが
載っていないものも咲き出していて、
既に終わったもの、これから咲くものを入れたら
栂池ではいったいどれだけの花が咲くのでしょうか。


歩きながら、花の写真を頑張って撮ってみることにしました。

カラマツソウ

karamatusou2015-7.jpg

カラマツソウに似ているモミジカラマツ

momizikaramatu2015-7.jpg

まだ咲き始めたばかりらしいオニシモツケ
7/14現在の花の紹介には載っていませんでした。
これが夏に群生するらしいのです。

onisimotuke2015-7.jpg

まだ栂池自然園は春が来たばかりのところもあります。

ミズバショウ

mizubasyou2015-7.jpg

桜が咲いています。
ボケボケですが^^;

タカネザクラ

takanezakura2015-7.jpg

シラネアオイ

siraneaoi2015-7.jpg

コイワカガミ

koiwakagami2015-7.jpg

浮島湿原です。

ukisima2015-7.jpg

ニッコウキスゲはこれからが本番。

nikoukisuge2015-7.jpg

キヌガサソウ

kinugasasou2015-7-a.jpg

キヌガサソウは大きな花なので ひと際目立っていました。

kinugasasou2015-7.jpg

ハクサンチドリ

hakusantidori2015-7.jpg

木道は整備されていますが
登りはきついです~。

mokudou2015-7tuga.jpg

エンレイソウ

ennreisou2015-7.jpg

ゴゼンタチバナ
(開いたばかりのようで、花情報の写真と微妙に違って
自信がありません^^;
違っていたら教えてくださいね~^^)

gozentatibana2015-7.jpg

サンカヨウ

sannkayu2015-7.jpg

スダヤクシュ

sudayakusyu2015-7.jpg

タテヤマリンドウ

rindou2015-7.jpg

アカモノ

akamono2015-7.jpg

標高2,020mの園内最高地点まで行きました。
一日の歩数15,000歩ほど。
疲れても歩けたのは花が咲いていたからだと思います^^

もう少し続きがあります。

PageTop

庭の花

庭では白色の宿根フロックスが咲いています。

台風11号が来るかも・・ということでトレリスに紐で縛りつけたりしましたが
台風は被害もなく温帯低気圧になって通り過ぎました。

furokkusu2015-7.jpg

百合のソルボンヌは満開、カサブランカはツボミです。

riri-2015-7.jpg

今年11個のツボミを持ったカサブランカ。
これが台風でボッキリ折れたら無念さだけが残ると思って
咲く前でしたが証拠写真を(笑)撮っておきました。

昨日の写真なので、下のツボミなどはもう少しふっくらしています。

kasaburanka2015-7.jpg

大きめプランターに閉じ込めているのに
桔梗は青も白も良く咲いてくれました。
青色は早く咲き出して終わりがけ、白色はこれからです。

手もかけないのに咲いてくれてありがとう~♡そんな思いです^^

kikyou2015-7s.jpg

PageTop

北彩都ガーデン

旭川市内に泊まった日の夕方のこと。
散歩がてら、旭川駅の裏手に新しく出来た
「北彩都(きたさいと)ガーデン」へ行ってみました。

駅の中を通って裏手に出ると、真新しいガーデンが!
何だか生まれたてのような清潔な雰囲気です。

kitasaito2015-7.jpg

タチギボウシ、エキナセア、マツムシソウが花盛り。
ヤナギランもありました。
アリウムは終わったようですが花殻は残してあって
それも可愛い感じです。

kitasaitoasahi2015-7.jpg

ホテルでたまたまグレードアップを薦められた部屋は
上野ファームの上野砂由紀さんが監修したガーデンルームで・・・
それはもうハイテンションになるしかありませんでした\(*´▽`*)/わぁ

絨毯がガーデンのグラデーション♪
(美瑛の丘のイメージかと思ったのは早とちりでした^^;)

gurando2015-7.jpg

テーブルに見かけない本が置いてあり・・・
『MyLoFEは全国でも唯一の北海道の気候に合わせたガーデニング情報誌であり
北海道のみならず東北圏でも好評をいただいています。中略』
・・と、そんな園芸情報誌でした。
さすがはガーデニング王国 北海道です。

mairofue2015-7.jpg


おまけ
美瑛に行ったら確かめたい景色の一つの「赤い屋根の家」。
新栄の丘から見下ろすと丘の間に小さな赤い屋根が見えます。

右の方で噴煙を上げているのは十勝岳です。(クリックして見てください)
今回は晴天が続いたので、大雪山国立公園がどこからでも良く見えていました。

tokatidake2015-7aka.jpg

赤い屋根の家を近くからみるとこんな景色。

akaiyane2015-7b.jpg

PageTop

北海道ガーデンショー2015

今、「北海道ガーデンショー 2015大雪」が
森のガーデン(上川町)をメイン会場に、上野ファーム(旭川市)
大雪山国立公園の3ヶ所で開催中です。

森のガーデンと上野ファームは、計画の最初から行くつもりでしたが
ガーデンショーが行われていることは途中から知りました。

知ってからは、ドレスをまとった様な写真が撮れるドレスガーデンカンテなどを
楽しみにしていて下調べも念入りに。
夫に写真のアングルなどをレクチャー(自分だけ撮ってもらおうとする魂胆・笑)

いざ行ってみると、写真を撮るために植栽近くの通路へ立ち入ることは出来ず、
カメラを預けて撮ってもらうシステムで・・^^;

右下の方が個人のカメラを運ぶスタッフ。
左の方たちが撮ってもらう人。
真ん中に少し見える赤い洋服の人がカメラマン。

個人のカメラで2枚。
カメラマンの一眼で一枚撮って大きくプリントされた写真を
気に入れば購入するというシステムでした。

doresuga-den2015-7.jpg

丘の上の会場(?)へ向かう人です。

mori2015-7doresu.jpg

あれほどイメージトレーニングして行ったのに
こんな風にはもちろんなりませんでした (Ψ▽Ψ*)イヤン♪

doresu2015-7pa.jpg

まだ青々しているのは向日葵畑で、
咲いたら綺麗でしょうし、緑肥にもなるようです。

himawari2015-7.jpg

丘を下ってコンペティションガーデンへ。
面白い作品がたくさんありました。

ga-densyo2015-7.jpg

「森の花園」というエリアは花盛りで、
家では植えて2年目で消えたアストランチアがこの群生。

asutorantia2015-7.jpg

クリンソウも咲いていました。

kurinsou2015-7.jpg

確か、ガーデナーの吉谷桂子さんが寄せ植え講座で作られたもので、
黄色いノッポさんはエレムルスだそうです。
写真は明るい方を撮りましたが反対側は渋い色の植物が入っていて
どこから見ても素敵!と思いました。

yoseue2015-7yo.jpg

日本ではヒマラヤの青いケシと呼ばれている「メコノプシス」。
この花の咲く辺りは人だかりが出来ていました。

aoikesi2015-7.jpg

会場を移して、上野ファームへ。

uenofa-mu2015-7.jpg

チケット売り場を通ってすぐの所にあるベンチは
肘掛けと背もたれに花が植え込んであります。

レンガの壁の穴がどうして崩れないのかいつも不思議です。
素敵なアクセントになるけど家の庭に作ったら
狭く感じるだろうと思ったり、今年はレンガの壁に興味ありでした^^

ueno2015-7f.jpg

そして、プレオープンした「ノームの庭」は
広々とした敷地の中に池があって、そこに可愛いノームの家がありました。

no-munoniwa2015-7.jpg

まだ咲いていない花があるせいか、グラスがシックな印象。

gurasu2015-7.jpg

ずっと向こうにノームの家の三角屋根が見えています。

はぁ~~、ここにも家では枯らしてしまったサルビアネモローサの大株が。
         
sarubianemoro-sa2015-7.jpg

↓アキレアですよね。
あまりに大きくて何だか分からなくなりました^^;

akirea2015-7u.jpg

一番好きだった取り合せで、
アリウムとエリンジュームプラナムの群生です。

エリンジュームも家では消滅しました。
あれよあれよという間に枯れてすっかり無くなりました。
もう怖くて買えないものの何と多いことか。

とはいえ、まずは植えてみないと分からないので
また失敗しながら庭を作っていくしかないですね。

erinzyu-mu2015-7u.jpg

PageTop

風のガーデン

富良野の『風のガーデン』です。
昨年はお昼過ぎでも人が少なかった印象ですが
今年は早い時間にもかかわらず ほど良い賑わいでした。
あまり空いているのも張り合いがないもので・・^^;

kazeno2015-7-1.jpg

カンパニュラが風に揺れています。

kanpanyura2015-7.jpg

風が通るのでたくさん植えてあっても蒸れずに元気なのだと思います。
家でこんなに植えたら、たぶん蒸れて消滅です☆

inura2015-7.jpg

お賽銭のように硬貨が置かれている大天使ガブリエル様は
カツラの木(?)の下で涼しそう。

gabu2015-7.jpg

グリーンハウスの裏手から。。。

guri-n2015-7ha.jpg

TVドラマ『風のガーデン』で白鳥貞美が乗っていたキャンピングカーを覗いて。。。
(木が茂ってほとんど見えませんが真ん中の白いのがそれです)

kyanpingu2015-7.jpg

小道を下って行くと。。。

ga-den2015-7barae.jpg

バラ園がありました。

「岳の夢」や「ルイの涙」はまだツボミでしたが
他にはたくさんのバラが咲いていました(写真がないですけどヾ(ーー )コラッ)

gakunoyume2015-7.jpg

花苗やお土産が買える「ガブリエルの家」の前に
カンパニュラやルピナスの苗が置いてありました。
値段は鉢の底にあります。
奥ゆかしいです~(。し_し。)v

gaburierunoie2015-7.jpg


送迎バスで戻って、森の中にある喫茶店「森の時計」へ。
これもドラマ『優しい時間』のオープンセットですが
お客さんがミルで珈琲豆をゴリゴリ挽いて、
それを煎れてもらうのがドラマと同じで楽しいです。

ウッドチップが敷いてある坂道を歩いて行くと
森のとけいの看板が・・・

AM10:00開店です。

morinotokei2015-7.jpg

カウンター席に座れました。

ゴリゴリ挽いた豆を、丁寧にそれは気持ち良いほど丁寧に
煎れてもらって幸せでした。

tokei2015-8m.jpg

旅の話の順番が前後しますが、
次の日のこと。
「大雪旭岳源水」を見に行きました。

取水場ではすぐそばに車を停めて湧き出る水を汲むことが出来ます。

gensui2015-7-ty.jpg

そこから300mほど、気持ちの良い林を歩いて(熊に注意ですが!!)

gensui2015-7ho.jpg

源水に到着。
冷たい水が勢いよく流れ出していて
空にした小さいペットボトルに一杯汲みました。

gensui2015-7a.jpg

こんな地下水が飲めるなんて羨ましいですね~♡

gensui2015-7hi.jpg

PageTop

北海道へ

北海道へ行って来ました。
こちらでは梅雨の最中だというのに、北海道は晴れて爽やか。
ガーデンをいくつか回って楽しい旅でした。

まずは美瑛の青い池へ。
立ち木が枯れて、減っているかと想像して行きましたが
たくさん立っていました。

ike2015-7.jpg

ぽっかり浮かんだ雲も映って。

aoiike2015-7-b.jpg

夕方、5時近くでもけっこうな人で賑わっていて、
木が長い影を落とした遊歩道を撮りたかったのですが
諦めました。

aoiike2015-7.jpg

その後、白金温泉郷の遊歩道コース“白ひげコース”を歩きました。

高い橋、ブルーリバー橋の上に立つと
十勝岳が噴煙を上げているのが見えて
眼下に“白ひげの滝”が見えます。

tokatidake2015-7.jpg

『国内有数の地下水から湧き上がる水が勢いよく
渓滝に流れ落ちている』(パンフレットから)

・・ということで、
十勝岳連峰の地下水が溶岩層の割れ目から噴き出しています。

sirohige2015-7.jpg

ブルーリバー橋から下流を見ると、
渓谷の底に青い色の美瑛川が見えます。
青い川なので、そのままブルーリバーと呼ばれるそう。

白ひげの滝から流れるアルミニウムを含んだ水が光を散乱させて
青く見えるらしく
この川の下流にある青い池へと流れて行きます。

buru-2015-7.jpg

高い橋(高所恐怖症には恐ろしい高さなんです)を渡って
十勝岳火山砂防情報センターへ。
センターへ続くシェルターの階段は286段あります。
語呂合わせで“ふんばろう”だそうで、踏ん張りました!

登りきったら景色が素晴らしいに違いないと頑張ったわけですが
登りきって広場に出ると、車で来ている人がいて・・・
絶景という訳でもなく・・・
災害時の避難所なのでした^^;

syeruta-2015-7.jpg

次の日、
映画『愛を積むひと』のロケ地へ。

美瑛の丘に作られた家は(本建築とか)赤い屋根の可愛い家で、
パーキングから凸凹道を歩いて行くと見えてきます。

roke-ai2015-7.jpg

家を囲むように積まれた石の塀。

roke3-2015-7.jpg

♡の形に加工された石もありました。

rokw2-2015-7.jpg

植栽も可愛らしくしてあって、
洗濯もの干しと風見鶏もそのままに。

roke4-2015-7.jpg

家や石塀側から見える美瑛の景色が素晴らしかったです。
こんな景色を眺めながら『愛を積む人』の撮影がされていたんだな~。
とミーハーは納得しました^^

aiwo2-2015-7.jpg

PageTop

モントブレチア

モントブレチア(ヒメヒオウギズイセン)が咲き出しました。
球根で増えるので、花壇の外の痩せ地に植えています。
ご近所さんでは硬い地面の所でも咲いているので
増え過ぎないようにするには硬めの地面で、養分の少なめの
そんな場所の方が良いかと。

花よりツボミの並んだところが可愛いです。

kurokosu2015-6.jpg

曲がったり倒れたりせずに咲いたグラジオラス。
珍しく細かい虫(スリップス?)も入っていません。

ここ何年も大事に扱っていなかったのに
こうして見ると綺麗です^^

guraziorasu2015-7.jpg

アリウム丹頂は小さいボンボンです。
花壇にポツポツと咲かせたいと思ったことがあり
家の庭では球根を散らして埋めました。

散歩で見かける丹頂は群生で、それもまた良くて・・・
球根を集めようかこのまま散らそうか迷っています、今は。
花が終わると、考えていた仕事も忘れるんですけど^^;

tantyou2015-7.jpg

PageTop

サルビア スペルバ

サルビア スペルバ・・だと思います。
ネームプレートが無くなって名前が怪しくなってます^^;

涼しげな花色なので、増やしてみたいと思って
脇の柔らかい茎を挿しておきました。
梅雨の間に根が出ると良いのですが!

sarubiasuperuba2015-6.jpg

梅雨空の中、庭で一番元気なのはヘリオプシス サマーナイト。
茎が銅色なのがちょっとオシャレ♪^^

heriopusisu2015-6sa.jpg

丈が高くて1.5mはあるでしょうか。
上向きに咲くので遠目には良いのですが、
そばに寄ると花のお尻を見る感じ^^;

零れダネで増えると書いてありますが、
零れダネからの苗は茎が緑色に戻るらしく、
増やすとしたら株分けが良さそうです。

sama-naito2015-6.jpg

PageTop