同じ空の下で・・・♪

庭の花のこと、日々の出来事を・・・・

上高地へ

乗鞍から戻り、平湯に一泊してから上高地へ行きました。

久しぶりに明神まで歩くことにして、
バスは終点の上高地バスターミナルまで乗りました。
ここ数年は大正池でバスを降りて河童橋まで歩くコースでしたが、
花も咲かない季節なので明神池を見ることを目的に・・・

まずは左岸川から明神へ向かいました。

kamikouti2013-9mori.jpg

秋ですね。
赤い実になっているものがたくさんあります。
「サラシナショウマ」の白い花はほとんど終わっていましたが
たまに残っているところも・・・
「トリカブト」は紫色の花を咲かせていました。

kamikouti2013-9hana.jpg

明神橋を渡って対岸へ。
穂高神社奥宮の明神池に着きました。
少し風があったのか、一之池はさざ波が立っていて、
“鏡のような池”とはならず、ちょっとガッカリ。

myouzin2013-9-1.jpg

ニ之池↓は小さいせいか、少し水面が静かです。

myouzin2013-9-2.jpg

秋の気配が感じられる草紅葉。

myouzin2013-9-3.jpg

復路は右岸を歩きました。

遠くに見えるのは焼岳。
肉眼では細く上がる噴煙も分かりました。

yakedake2013-9.jpg

梓川に合流する前の清流も綺麗で、もうたまらない眺めです~♡
慣れがあるのか歳のせいか感動が薄れる気がするこの頃ですが
この景色は初めて上高地へ行った頃と同じように感激します。

kamikouti2013-9-kawa.jpg

河童橋近くまで戻りました。
朝からの歩数は17,000歩。
3日間の合計が40,000歩でした。

kamikouti2013-9-aki.jpg

昨日から人間ドックに入っていました。
とにかく運動することが大事だと言われるのは毎年のこと。
この3日間のように歩けたら理想的なんですけど^^;



スポンサーサイト

PageTop

高山から平湯へ

高山から乗鞍へ、それから平湯、上高地へ行きました。
高山で昼食を食べるつもりで、家をゆっくり出発しましたが
少し早めに国府あたりに到着。
時間があったので「宇津江四十八滝」へ寄り道することにしました。

駐車場から少し歩くと次々と滝が現れて、
緑も綺麗なハイキングコースが続きます。

utue2013-9-1.jpg

遊歩道は大きめの石が敷かれて良く手入れさていました。
「清掃協力金」200円也も納得の遊歩道です。

urue2013-9-2.jpg

往路復路が分かれているのも歩きやすかったです。
↓帰り道に敷かれた大きな石。

utue2013-9-4.jpg

何しろ“寄り道”・・・歩ける靴ではなかったので
滝の上流までは行かず(3分の1ほどで戻りました)
改めて出掛けたい所の一つになりました。

売店に「楢炭」が売られていたので一袋買って、いざ高山へ。

narazumi2013-9.jpg



高山市内に着き、駐車場探しに四苦八苦した後市内を散策。
良い季節の連休なので凄い人出。
若い人や外国の旅行者も多かったです。

ホテルの催し“夜の街散策”では、街中を案内してくれる人に付いて
歩きました。
ほとんどは知っている所でしたが、夜はまた違う趣でした。

sannsakusakaya2013-9.jpg

「酒林」は新酒が出来ると新しい杉の葉に変わるということです。
今はまだ杉葉は古く茶色のままです。

sakabayasi2013-9.jpg

一度も大火に遭っていない、本当の古い街並みは本当に暗くて、
そして情緒たっぷり^^

furuimati2013-9.jpg


次の日の朝、高山から平湯方面へ向かい「ほおのき平」から
バスに乗り換えて「乗鞍畳平」へ。

駐車場に車を停めて。

honokidaira2013-9.jpg

ここからバスに乗って。

basuta-minaru-hoonoki2013.jpg

乗鞍スカイラインは子供が小さい頃に乗用車で通ったことがあります。
一般車の乗り入れが規制されるずっと前のことです。

山の中腹から見る「乗鞍鶴ヶ池駐車場」。

fuzimidake2013-9.jpg

「自然科学研究機構乗鞍観測所」
子供と行った頃は「乗鞍コロナ観測所」と呼んでいたので、
この眺めはやっぱり今でも「コロナ観測所」です^^

高くそびえる修道院のような趣。

korona2013-9.jpg

指さしている山が、乗鞍岳の主峰「剣が峰」です。
登れそうな気もする山でしたが、靴も装備も足りない支度だったので
来年にでも再チャレンジすることになりました。

kengamine2013-9.jpg

山の稜線に人の列が見えますが、この中には小さな子供もいます。
運動不足を解消して、何とか登ってみたい!

norikura2013-9ryousen.jpg

PageTop

中秋の名月

雲もなくすっきりと晴れて美しい中秋の名月が見られました。 

夜8時を過ぎた頃、父から電話があり、コンデジで月は撮れるものだろうか?
との質問。
私に月のことや写真のことを聞きますか?(笑)
それでもまぁ、撮ってみると言うので、私も感化されて月を撮ってみることに^^

難しくて、これが精一杯です。

tuki2013-9.jpg


お昼に栗ご飯を炊きました。
友人が食べに来てくれて、ご飯の後にお抹茶を点てました。

お菓子は“お月見うさぎ”(珈琲豆屋さんにあったもの)
うさぎは硬めのマシュマロみたいな食感で
一つだけ和三盆糖の満月が入っていました。
今日にぴったりです~♪

wagasi2013-9.jpg

↑月の中が凸凹して見えるのは穂が出たススキです。

rakugan2013-9.jpg

月の写真は上手く撮れなかったけど、じっくり眺めた中秋の名月でした^^

PageTop

ハナニラと朝顔

散歩道にもたくさん咲いている「ハナニラ」。
もう種を付け始めている所もありましたが
家の庭では今が花盛り。
何の花でも他より咲くのが遅い気がします、家の庭。

hananira2013-9.jpg

台風18号が来る前、
ピンクの朝顔が終わったトレリスの根元で青紫の朝顔が咲いていました。
貧弱な苗だったのが、今頃花を付けたらしい・・
いくつか咲いているように見えたので、カメラを持って庭へ出てみると
朝顔は一輪、他は名無しの「クレマチス」でした。

無くなったと思っていた青紫の朝顔も種が採れそうで良かったです~^^

asagakurema2013-9.jpg

倒れた「ビナンカズラ」をトレリスごと起こしました。
添え木をして紐で縛る段になって手袋が邪魔になったので
素手で葉に触った途端、指先が軽くチクッと!
そしてすぐにピリピリ痛くなってきました。
どうやら「イラガ」に刺されたようでした。
台風で木の上から落ちて来ていたらしく・・油断も隙もないですわ(/´△`\)ヤメテ

PageTop

草のような。

木立性で強健なクレマチス「富士の草ボタン」。
冬には強剪定で地際近くでカット出来るので誘引の心配がなく
植えっぱなしの扱いやすいクレマチスです。

fuzinokusabotan2013-9.jpg

花びらがくるんと丸まる可愛い花で、花の時期は短くても
我が家の庭にはもう無くてはならないものになりました。

なんとも地味ですが秋の始まりには見たい花です。

fuzino2013-9.jpg

地味で草のようなのは「クロバナヒキオコシ」。
シソ科の多年草で、去年植えてから花を見るのを楽しみに待っていました。
初夏からずっと緑の葉を茂らせて花壇の真ん中でぐんぐん育って、
花はどうなった?草みたいな葉っぱだけ??
と思った頃、ようやく黒い粒が見えてきました。

ホントに小さい花。
これから、数だけはたくさん咲くようですが
こんなに小さい花だとは・・・想像よりはるかに野生的 ( ̄_ ̄ i)

kurobana2013-9.jpg

そこに植えてあると知らなければ素通りされても仕方なし。
ツボミが全部開いたら少しは目に入るかも・・といった感じです。

kokiokosi-hana-2013-9.jpg

アップにしてみてもこの通り。
本には“唇形花を多数つける”と書いてあるので
唇のような形なのでしょう。

花壇の真ん中が気に入っているらしいヒキオコシですが、
あまりにも草っぽいので、富士の草ボタンのそばに移動するかも。

何でも育ててみないと分かりませんね^^

kurobanahikiokosi2013-9.jpg

PageTop

ワタの花

実が膨らんで来た「ワタ」ですが、まだ花も咲いています。

ふんわりとした優しい花で、私は育てていませんが
「花オクラ」(ご近所さんにあります)に少し似ています。

白に近いクリーム色の他に薄いピンクもあって、それもなかなか綺麗な色ですが
カメラを持って出る時はいつも閉じていて・・
どのタイミングで開くのか???

wata2013-9.jpg

白つながりで、フィソステギア「アルバ」。
しゅうさんにもらって3ヶ所に分けて植えていました。
やっぱり日当たりが大好きで、半日陰は軟弱で良くありません。
日照りの夏でもほとんど水遣りしないここ↓では
夏から何度も咲いてくれます。

fusosutegia-siro2013-9.jpg

ずっと以前からあるピンクの方は、秋になってようやく咲き始めます。
これからのツボミがびっしり上まで・・

切って飾ったことはありませんが、切り花にも向くそうです

fusosutegiapinku2013-9.jpg

PageTop

いわし雲

すっかり秋めいて朝夕は涼しくなりました。
ついこの間まで暑い暑いと言っていたのが嘘のようです。

今朝、カーテンを開けると空いっぱいに「いわし雲」が浮かんでいました。
大急ぎでカメラを持って、まずは窓から撮影。
これは手抜きがバレバレで却下(笑)

表へ出てみました。
AM6:20。
本当に綺麗な雲です。

iwasigumo2013-9.jpg

雲はだんだん薄くなって青空が広がったので
大物の洗濯をして外に干しました。
秋の長雨・・と言うくらいですから
梅雨じゃないからなんて、うかうかしていられません。
秋の後には長い冬もやって来ますしね。

干せる物は何でも干しておきたい今日この頃^^

PageTop

あさがお

朝顔がトレリスのてっぺんまで伸びた後、
蔓の行き場が無くなってしばらくゆらゆらしていましたが
バラの枝に絡まって落ち着きました。

花びらが薄いので朝早く撮っても萎れた感じ。
パリッとした写真を撮ろうと狙っているうちに夏の終わり・・
旬(?)が過ぎてしまい、上のほうで咲くようになり、
今日は脚立に乗って撮りました^^;

asagao2013-9.jpg

種を採るつもりで花後もそのままにしていた「エキナセア」。
種はというと・・

ややこしくて、どれが種だか分からない。

ekinasea-tane-2013-9.jpg

ネットで調べてみると、この↓部分でした。
上の黒いのが種かと思いましたが外れです。

ekinasea2013-9tane.jpg

更に、「エキナセア」の殖やし方は株分けが簡単で確実だと
載っていました。

そうでした!
すっかり忘れていましたが去年は株分けしたのでした(*'へ'*)テヘ

まさかこんなオチになろうとは(泣)

PageTop

アスター

夏の初め、父が知人に「アスター」の苗をたくさんもらいました。
何色が咲くかは分からないけど、私にも植えてみたら・・と
分けてくれたのが確か7月。

庭が花盛りの頃で、植える場所を探してウロウロしたのを思い出します。
これはとうとう植える所に困って「クレマチスの鉢にお邪魔させてもらった一本です。
何色が咲くか・・たぶん赤か紫あたりだろうと想像していたら
白でした。
薄い花びらが綺麗です。

暑さの中、早めに散るかと思っていたら意外に長もちしています。
今まで、アスターを植えようと思ったことはありませんでしたが、
夏の終わりの花の無い季節にこんなふうに咲いてくれるのは
良いかも~♡  
来年は種蒔きしようかと思います^^

asuta-2013-9.jpg



PageTop

カレックス

伸びて乱れてきたので20cmほどにカットしておいた「カレックス」。
あれから2ヶ月経って少しずつ新しい葉(と言うにはあまりにも枯れ色ですが・・)
が育って、形が戻ってきました。

以前、地際でカットして短か過ぎたせいか本当に枯れ込んでしまって
藁のようになったことがあります。
いつも形良くしておくには、枯れた葉だけを切ると良いのですが
何しろこの“枯れ色”。
枯れているかどうかはなかなか見分けにくいので一気にバッサリと~^^

零れ種で芽を出すこともあるので、時には完全に抜いて新しい苗と交代。
最初の頃は、夫にも「枯れてるんじゃないか?」と疑惑を持たれ続けていましたが
この頃では慣れてもらったのか抜かれる心配もありません(笑)

こんな株が2ヶ所にありますが、緑の中で良い仕事をしてくれるような
気がします^^

karekkusu2013-8.jpg

PageTop