同じ空の下で・・・♪

庭の花のこと、日々の出来事を・・・・

今日の「カーディナルリシュリュー」と苺

今日の「カーディナル ド リシュリュー」です。
初めて育てるバラなので、しつこく観察。(*^m^*) ムフッ

花びらの中心が白いので、濃淡があって写真写りが良い気がします。
全開の花とツボミが混ざっているので、しばらく楽しめそう~♪

ka-dinarudo5-31.jpg

規則正しく折りたたまれた花びらが、かざぐるまのようで
これが順に開いていくなんて、素晴らしい!!
良く出来てます

ka-dinaru2012-5-31.jpg

ツル薔薇の「スパニッシュビューティ」も終わり、
同じアーチに這わせてあった「クレマチス モンタナ」がずいぶん伸びたので、
アーチのてっぺんの「モンタナ」を半分ほどカットしました。
吉と出るか凶と出るかは分かりませんが、
風通しが良くなったんだから、吉と出て欲しい^^

アーチの下で「フタマタイチゲ」が元気よく咲いています。

futamataitige2012-5-31.jpg

その近くのストロベリーポットでは「ワイルドストロベリー」が食べごろです。
ワンコもウサ子も居なくなり、食べる者もいませんが・・・

waisuto2012-5-31.jpg

これ↓縦に撮った写真を間違って張り付けたのではなくて、
実物がこんなふうに伸びて実が成っています。
茎がかなり硬いです。

sutoroberi-2012 5

スポンサーサイト

PageTop

「フウチソウ」と「アリウム ロゼウム」

「フウチソウ」は株分けして、庭に3株植えています。
だんだん大きくなって、今では動かすのが難しいほど。
鉢で大事に育てていた頃が懐かしい。(笑)

futisou2012-5-1.jpg

これ↓は「アイスバーグ」のそばに植えた「フウチソウ」。
3株目は、周りが発表できないエリアなので写真は無しです...(((^^;

futisou2012-5-2.jpg

今日の一押しの「ピエール・ドゥ・ロンサール」はこちら。
開花2個目の花^^

pie-ru2012-5-30.jpg

「アリウム ロゼウム」も咲きました。
「ハタケニラ」と間違えて、増えたら困る~とギョッとして、
球根を掘っては捨ててたのが、去年の今頃のこと。
途中で、「ハタケニラ」と間違えたのは間違いだったとわかって(ややこしい)
球根掘りの手を止めたので、少し離れたところで生き残っていました。

絶やさなくて良かったです~ε- ( ̄、 ̄A)

rozeumu2012-5.jpg

PageTop

「カーディナル ド リシュリュー」の開花

朝、庭に出てみると昨日は硬いツボミだった「カーディナル ド リシュリュー」が
一輪だけ開きかけていました。
まだまだ中心に花びらを包み込んでいるようで、丸くぷっくりしています。

ka-denaru2012-5-asa.jpg

お昼前、庭へ出てみると、また咲き進んでいました。
金環日食のときと同じくらいワクワクする感じ!
早い変化に目が離せません(≧m≦)ププ♪

赤紫の色目がシックで、周りのツボミも咲いたらボリュームが出るんじゃないかと思います。
植えている所は、お昼前までは木漏れ日が当たるのですが、半日陰。
このままで良いのか、もっと日向に移したら良いのか迷います。

ka-dinaru2012-5-hiru.jpg

今年は不調の「ピエール・ドゥ・ロンサール」も咲き出しました。
花数は去年の半分ほど・・・

2本出ているシュートをしっかり育てて、来年に期待です。

pie-ru2012-5.jpg

蜂もアゲハも飛んでいる我が家の庭へ、
友人がご主人と一緒に遊びに来てくれました。

蜂は蜜を吸うのに忙しくて、人には関心がないし、
おかしなもので、何日も前から庭にいる蜂に情が移っているのか、
この蜂は大丈夫!を何度も繰り返してしまいました(笑)

サラダバーネットが好きな蜂は、そこでしょっちゅうホバリングしているし、
アゲハ蝶も3頭ほどいて、蝶に関心がある友人夫妻には楽しかったようです。
庭に「サラシナショウマ」や「フジバカマ」を植えたら、
「アサギマダラ」(渡りの距離がすごい蝶々です)が来るかもね。
という話になり、しばし蝶々談義。
「アサギマダラ」ってそうとう魅力的な蝶のようです^^

アゲハもね~、飛んでるだけなら許せるけど、
オリーブに卵を産み付けて、大きな青虫が育つのが嫌なんです(泣)
という話も!

去年は、青虫が嫌でオリーブを撤去しました 凸( -~~-)
実も成らなかったし枝も切り過ぎて樹形が悪かったので
それはそれで良いんですけどね( ´Д`)ノ サヨナラ

で、肝心な庭の花は↑こんな状態で。
「スパニッシュビューティ」は終わり、「クレマチス」いろいろはまだ咲かず、
庭を見てもらうタイミングって難しいと思いました。
もっと良い状態を見てほしかったのに~残念!(T▽T)アハハ。

またのお越しを~~~^^

PageTop

「カーディナルドリシュリュー」&「ロココ」

「カーディナル ド リシュリュー」は、
満開の花より、まん丸のツボミが可愛いのではないかと思える薔薇です。
あめ玉みたいにコロコロで、棘がないところも魅力的です~♪

これは、いつもお世話になっている美容院の先生に、挿し木苗でもらいました。
これと、もう一つの薔薇「ギネー」をもらったのですが、「ギネー」は根付かず失敗。
残念!惜しい!

我が家からお嫁に出した「ピエール ドゥ ロンサール」と「ロココ」は
元気にしているそうで、親としてはホッとしているところです。

「リシュリュー」は「日陰に咲くのが綺麗」とのことだったので、
本当に日当たりがいまひとつの場所に植えてしまい、
薔薇ってやっぱり日当たりよね~と後悔しているところ。。。
しばらく鉢で様子をみたかったのですが、
“留守にします”の時の水遣りが心配で、地に植えました。

先生の場合は、薔薇のお世話をしてくれる若いお友達がいるので、
カタログで、好きな名前の薔薇を購入。(種類とかではなくて、名前が好きなのをチョイスです)
自宅に帰ると薔薇が植え付けてあった。
なんて、と~~~っても羨ましい環境です^^

ka-denaru2012-5tubomi.jpg

「ロココ」は早く咲いた枝と、まだ蕾の固い枝があったので、
早いほうの枝を切って、トイレに飾りました。
午前中に酷い雨と雷だったので、昨日のうちに家に入れておいて良かったです。

rokoko-2012-5kiri.jpg


土砂降りの雨で、うなだれた「マザーチョイス」に棒を立てて起こしました。

脇の小さい蕾を取っておくと、花が大きく咲くという話。
実は、この下に隠れるように待機している蕾だけ残してありました^^;
(左下に見えるのは、一本ずつ独立している蕾です)

大きな花も良いけど、前半が散った後、二度目が楽しめるのも
良いんじゃないかと、今は思います。
・・ということで、
来年は“付いたツボミは全部咲かせる”に決定です(⌒^⌒)b

syakuyaku-waki-2012-5.jpg

PageTop

芍薬が咲きました(*´▽`*)ノ

開花を待ち焦れていた芍薬「マザーズチョイス」が咲きました。
最初に咲いた3輪は大きくて見事な咲きっぷり。
他に、脇に見える蕾がありますが、これほど大きくは咲きません。

「マザーズチョイス」は、1本の茎に2つか3つの蕾を持っていましたが、
大きく咲かせるには、脇の蕾を取ると良いと聞きかじったので、そうしてみました。
確かに大きいかも~~~(嬉!)

syakuyaku2012-5.jpg

ほらね。大きいでしょう~♪
画面いっぱいです(笑)

syakuyaku-maza-zu2012-5.jpg



「コモチレンゲ」がもりもりに育って可愛いです。
冬場のシワシワな様子からは想像も出来ないほどの瑞々しさ。
お肌も乾く今日この頃・・・「コモチレンゲ」が羨ましい~(* ̄- ̄)ふ~ん

komoti2012-5-hati.jpg

普通の鉢でも育てていますが、
これも面白いと思って使っています。

茶香炉を大きくしたような焼き物で、
上の「コモチレンゲ」を植えている部分と、下のギザギザの穴開きの台は
別々になっていて外せます。

最初、上のお皿のような所に水抜きの穴は無かったのですが、
夫が、電動ドリルで穴を作ってくれました。

hati2012-5.jpg

「コンフリー」の花が咲きました。
大きな葉が草のフタにもなりますが、葉を摘んでコンポストに入れると
発酵を促す?とか。
最近は、野菜くずも入れず草だけなので、コンポストは要らないくらいです。
なので、「コンフリー」は、もっぱら鑑賞用です^^

konfuri-2012-5.jpg

PageTop

アストランチアとフタマタイチゲ

「アストランチア スターオブビューティ」が開き始めました。
苗を買って2年目、株は太りましたが、今のところ花はこれだけ。
切り花にも向く・・・なんて書いてあっても切れるほど咲きませんから~ o(TヘTo) クゥー

asutorannta2012-5.jpg

こちらはどんどん増える「フタマタイチゲ」。
“放っておいても増える花”を得意とする友人に貰ったものです(笑)
薔薇のアーチの下の、U字溝とレンガの道でブロックしていますが、
最近、決められた場所から出ようと怪しい動きをしています^^;

futamataitige2012-5.jpg

後ろ姿もなかなか良いのに、強過ぎて嫌われるとはお気の毒!

futamata2012-5.jpg

今日は、種を撒いて双葉が大きくなった「アサガオ」を、外に植え付けました。
同じく双葉になった「ワタ」は、明日、花壇に植える予定。

夕べから水に漬けていた「ゴーヤ」の種を撒いて。
「オキナワスズメウリ」の種は、水に浸しました。

何だか、追われるように種撒きしている今日この頃です ̄m ̄)ププ

PageTop

家のオダマキ

曇りのち雨の一日。
土砂降りになったら、倒れるかも?と思って、
芍薬につっかい棒をしたり、サラダバーネットを紐でくくったりしましたが
夕方までずっとシトシト小雨でした。
地面は適当に湿り、倒れる花も無くて良かったです^^

「オダマキ」のピンクは、いつもより濃い色で咲いています。
もっと淡い、可愛い雰囲気だったのに・・・
ま、咲いてしまったものはしょうがない!(笑)

odamaki-pinku2012-5.jpg

白の八重のほうは、一株もらったのが3年前。
種を埋めておいたので、株数が増えましたъ( ゜ー^)
去年ばら撒いた種からは、チビ苗がたくさん育って、
ぜいたくに間引いています(〃 ̄З ̄)vウヒ♪

odamaki-siro2012-5.jpg



「国際バラと・・」の写真をもう少し載せてみます。
(どれもクリックすると大きな画像になります)

「クレマチス」をこんなふうに垂らすとは、目からウロコでした。
この壁あってこその見せ方ですね。

kokubara-fukusya2012.jpg

こんなメルヘンチックな小道もありました。

kokubara-komiti2012.jpg

「ロベリア」や「ヒューケラ」、ふわっと立っているのは「フェンネル」でしょうか?

kokubara-roberia2012.jpg

「アルケミラモリス」はやっぱり良いと思いました。
薄い緑の「カーネーション」が入っているのが新鮮です。

kinoko-ko-na-2012.jpg

PageTop

国際バラとガーデニングショウ。その3

シンボルガーデンの「キャス・キッドソン」のお庭は大人気!
庭の中に入れるのですが長蛇の列だったので、
並ぶのは止めて、外回りだけ見ることにしました。
会場でひと際目立つ大きな建物に、ツル薔薇が誘引されて見事です。

kyasu-bara2012-5.jpg

窓のカーテン生地も、「キャス・キッドソン」らしいラブリーな花柄。
「キャス・キッドソン ショップ」でも、お馴染みのバックなどを販売していました。

kyasukidoson2012-5.jpg

「ケイ山田」さんのお庭。
ふんわりとしたロマンチックな色使いです。
(クリックすると画像が大きくなります)
kei-kokubara2012-5-20.jpg

まさに“バラ色の暮らし”そのもの^^綺麗です~~♪
(これもクリックすると大きくなります)

kei-kokubara2012-5.jpg

ホスタ、アイビーやセダム類が少しずつ入っている植え込み。

aibi--sedamu2012-5.jpg

渋い銅葉は「ヒューケラ」ですね、たぶん。
こんなふうに緑の濃淡に混ぜると素敵!
この石の明るさにも合うのでしょうね。

hosuta-hyu-kera2012-5.jpg

真ん中あたりのピンクの花は「アジサイ」です。

azisai-hyu-kera2012.jpg

我が家では、木のように太くなって、過去に撤去してしまった「ワイヤープランツ」が
アイビーと一緒に、こんなに爽やかな使い方をされていました^^
育て過ぎずに、小さく更新していけば良いんですね。
「ワイヤープランツ」・・・改めて見直しました。

aibi-kokubara2012-5.jpg

これもクリックして大きな画像を見て欲しいです。
黒に近い「ペチュニア」と、そばに顔を出している明るい緑は「ルブス」?
最終日で、黄色の「ナスタチウム」は疲れていましたが、家のとお揃いでした^^

petyunia2012-5.jpg

これはどうでしょう~~♪
このまま全部いただけたら幸せかも
真ん中あたりに使ってある「リシマキア ミッドナイトサン」
という名前の「リシマキア」が良い味出してると思います。

taimu-himeturu2012-5.jpg

「ホスタ」と銀葉の「ディコンドラ」の間には、
白い小花が3種類入っています。
「アレナリア」「シレネ」「ヒメウツギ(右の緑の葉が見えている木)」
↑名前に間違いがあるかも知れませんが、白い小花が入ることで、
見応えのある寄せ植えになっていました。

utugi-kokubara2012-5.jpg

わりと渋目の色合いが多い中、こんな赤やオレンジはちょっと新鮮!
(クリックすると画像が大きくなります)

derufi2012-5.jpg

「フウチソウ」と「ナルコユリ」が混ぜてありました。
面白いので、私も真似してみようかと思います^^

fuutisou2012-5-bara.jpg

4部門のコンテストのうち「バラ鉢植え部門」大賞の「マチルダ」です。
会期中、9日間もの間、ドームの中で咲いていたんですね。

matiruda-kokubara2012-5.jpg

広い会場の中で、ひたすら足元の植え込みを観察をしていたような気がしますが、
一日で全てを見るには、体力に限界があるので、これくらいで良かったかも。

あれこれしたい今、園芸店に行くと両手に荷物になりそうなので、
しばらく足を踏み入れないようにします(´・ω・`)ノマテ!

PageTop

国際バラとガーデニングショウの続き

どれもこれも目がハートになる植えこみばかり。
手当たり次第に写真を撮って帰りました。

小さい家(?)ですが、小花に囲まれて良い雰囲気の色合いでした。
手前のグレーがかった「アストランティア」が素敵!

asutorantia2012-5-bara.jpg

きのこが生えている楽しいお庭。
(↓クリックすると画像が大きくなります)

bara-ga-deningu2012-5piza.jpg

寄せ植えの鉢を並べたような、細部まで手の込んだ造りです。

bara-kinoko2012-5.jpg

右上に気になる斑入り葉の木、そして丈の低い「スモークツリー」。
「スモークツリー」の下に、淡い色合いの「ミニ薔薇」と「ダリア」。

bara-sumo-kuturi2012-5.jpg

「大賞」のお庭。
門がある方からの写真です。

bara-taisyo-2012-5.jpg

内側はこんな風。
丸い部分の石を積むのは難しそう。
丸窓の下には、「大文字草」とか「カラー」(・・のようでした)などなど。
石の隙間には多肉です。

bara-taisyou2012-5-3.jpg

立ち上がる小花が良い感じ。
こんなに植えこんだら、我が家では蒸れるかも・・・

ん?写真を見て気が付きましたが、左下は「アカンサスモリス」では?
家の子も大きなツボミを持ち始めて、楽しみにしているところなんです^^

baya-ga-deninngu2012-5.jpg

「バニーテール」と「デージー」が交互に並んだ可愛い植え込み。

bara-ga-deningu2012-5-2.jpg

ここで、ちょっと休憩^^

5日間家を空けただけなのに、「ビバーナム」はホロホロと散り始め、
ツル薔薇の「スパニッシュ ビューティ」は驚くほど開いていました。

biba-namu-supanisyu2012-5.jpg

「ビバーナム」がピンクに染まって綺麗です。
少し触れただけで花びらが散ってしまいました。

biba-namu2012-5pinku.jpg

「ホスタ」や「フタマタイチゲ」の上にも花びらが降りました  ̄m ̄ ふふ

biba-namu-hosuta2012-5.jpg

そして、今日。
例年より濃い色で咲いているので、違うバラのような印象です。

supanisyu-2012-5-23.jpg

「ガーデニングショウ」の続きは、また明日にでも。
あと少し、載せてみたいのがあります^^

植物の名前が間違っているかも知れませんが、どうぞご容赦を。

PageTop

国際バラとガーデニングショウと三社祭りなど

今回の上京は、見たいものが盛りだくさんで毎日大忙しでした。
いつも静かな環境(笑)にいるので、久々にどっと疲れました (〃´o`)=3

上京初日は、お昼に着いて、hanaのお店(ランチ時だけお借りしていた)へ。
春のお彼岸までは・・・と言っていたお店ですが、
何だかんだで、18日が最終日でした。
ときどきの開店とはいえ、お疲れ様でした~。

18日から20日までは、浅草の三社祭りがあったので、
連日、夫と浅草へ。

早めのお昼を食べてから行こうと、もんじゃ焼き屋さんに寄って。

「土手が決壊しないように大きく広げます~」と
ママさんが作ったダム (='m')ププ
これを混ぜて、お焦げのできたところをフーフー言いながら
美味しく頂きました^^

monzya2012-5.jpg

三元豚のバラ肉の入ったお好み焼きも食べました。
ゆっくり焼いて、ふっくらでした。

okonomi2012-5.jpg


浅草の町内神輿は100基もあるそうで、
お神輿に遭遇する率は高かったです。

帰ってからも、夫の住まいの近くまでお神輿がやってくるので
江戸っ子でもないのに、お祭り気分でウキウキしていました(笑)

mikosi-kappa2012-5.jpg

浅草寺界隈は、もの凄い人出でした。
声はすれども姿は見えず・・・夫が手を高く伸ばして撮った写真です。
お囃子屋台(?)が見えます。

sannzya2012-5-1.jpg

仲見世のあたりです。

asakusa-mikosi2012-5.jpg

雷門の前も混雑していたので、浅草文化観光センターへ入りました。
8階からの、浅草寺~仲見世~雷門の眺めは抜群でした(^_-)---☆

asakusabunka2012-5.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日曜日。
西武ドームで開催中の「国際バラとガーデニングショウ」に行きました。

見るものすべてが興奮の材料。
バラの下草とか、グランドカバーを見ることに絞ろうと決めて行ったので、
下向きに写真をパチパチ(Ψ▽Ψ*)♪

参考にするには、どれも凄過ぎるけど、しばらくは夢見ていられそうです^^

ドームに入って最初に目指した、ガーデンデザイナー・吉谷桂子さんの「ねむり姫の庭」。
「ハア~~~~~」素敵すぎるわ~(∪。∪)v

nemurihime2012-5.jpg

お姫様のベッド(姫は不在です)

nemurihime2012-5-3.jpg

姫は、ドラゴンとピンクのお花に守られているようでした。

nemurihime-doragon2012-5.jpg

この斑入りの丸い葉の木にビビッ!!
別の場所でも見かけました。

nemurihime2012-5-2.jpg

開場して間もなかったのに、
バラソムリエの小山内健さんのブースに小山内さんがいらっしゃって
パンフレットにサインをもらいました。
TVで知る以上に気さくで優しい人でした^^

その後には、ガーデン&ファッションデザイナーのケイ山田さんと
写真を撮ってもらったりして・・・
楽しかったです~♪


おっとっと、そうじゃない。
足元観察するのが目的だったと、また参考にしたい下草の写真を撮って回り、
移動しているうちにガーデニングマーケットエリアへ。
持ち帰るのがたいへなので、何も買うつもりはなかったのに
「アメリカテマリシモツケ・ディアボロ」を見てしまい・・・

diaboro2012-5-bara.jpg

ついには、バラ苗にまで手が伸びてしまいましたε= (++ )イカン

整った形と真っ赤な色が印象的だった「ニコロ パガニーニ」。
「ディアボロ」と一緒に大切に持ち帰りました^^

bara-nae-2012-5.jpg


赤いバラに魅せられた原因はここにあるかも??
世界初公開、フランス、メイアン社が作出の「ベルサイユのばら」です。
各日数量限定で新苗も売られていましたが、
私の庭にはゴージャス過ぎて似合わないような気がしました☆ヽ(o_ _)oアウ
↑小振り。
↓大振り。
berusaiyunobara2012-5.jpg



21日の朝は、「金環日食」も観察しました( ̄ー ̄)v
6:30には太陽が少し欠け始め、リングになったときより感動~♪
そして、7:30過ぎ、月が太陽を隠したことで、
地上が薄暗くなったことに新鮮な驚きが・・(*゜.゜)ホ・(*゜。゜)ホーーッ
気温もほんの少し低くなったのだと、後で知りました( ̄。 ̄)ホーーォ


夜は、hanaのお芝居を観に、両国へ。
友人知人も、もちろんお客様もたくさん来てくださって、
支えて下さる方々にも感謝です。


ガーデニングショウの続きはまた次回に。
写真が多過ぎて、収拾がつきません^^;

PageTop

緑が綺麗なプチコーナー。その2

「枝垂れ紅葉」の下から「草ソテツ」が見え隠れする
緑のプチコーナーです。
「アイビー」も古い葉が入れ換わって緑が綺麗になりました^^v

「草ソテツ(コゴミ)」が新芽を吹いた頃は、ドキドキするほど綺麗でしたが、
今は葉色も少し落ち着いて、名脇役振りを発揮中!

kame-kogomi2012-5.jpg

2、3輪だったら許せる「シラユキゲシ」ですが、
地下茎が伸びて思わぬ所から出てくるのが困りもの。
根絶してしまったかな?と思ったら、今年また2か所に出てきました。

うーん。
許すべきか許さざるべきか・・・迷う花です。
こんなに楚々としていて、実は怖いのよ~(笑)

sirayukigesi2012-5.jpg

「アジュガ」も増えますが、思い通りに扱えるので
グランドカバーとしては最適。

今日は、友人が庭へ遊びに来てくれましたが、
「アジュガ」がいたく気に入ったようでした。

azyuga2012-5.jpg

まだ咲かない「スパニッシュビューティ」のアーチに絡まる
「モンタナ」と「ビバーナム」も良いそうです^^
ここに、「スパニッシュビューティ」のピンクが加わっていたら、
もっと良かったのに・・・

少しだけピンクの花びらが覗いているのに惜しかったです~~~~Σ(;´□)アーゥ

biba-namu-montana2012-5.jpg








PageTop

緑が綺麗なプチコーナー

朝からの雨で、庭はしっとり。
これでますます「ハナミズキ」の挿し木が成功に近づくことでしょう^^

「ピエール ドゥ ロンサール」の株元辺りは、
「セダム」や「リシマキア」がもりもりになってきて
濃淡が混ざった緑が綺麗です♪

「ピエール」に赤いシュートが2本出ています。
今年は蕾が少なくて、たわわな咲きっぷりは期待できないので、
来年こそは、このシュートに頑張ってもらって、
どっかーーーんと咲かせてみせる予定・・|m`)ムフッ

sedamu-midori-2012-5.jpg

「ナスタチウム」の傘をさしているように見えたリスさん。
小さくて、いつもは存在感が薄いけど、今日は良い仕事してましたъ( ゜ー^)

nasutatyumu2012-5.jpg



PageTop

ヒューケラとモンタナ

今のところ、庭に7種類ほどあるヒューケラですが、
どのネームプレートも文字が薄れてきたので、思い立って取り替えました。
似てるけど違う、違うけど似ているヒューケラたち。
いったん間違えるとややこしくなるので、
新しくプレートを書いて、古いものと差し替えるように交換しました。
これでしばらくは大丈夫!!

植え場所は、日当たりが良過ぎてもダメなので、
(去年まで柿の木の日陰で元気に育っていた「ヒューケラ ゲイシャズファン」が
日当たり抜群の花壇に植え替えたためか、今年は何度土を眺めても
見当たりません。どうやら消失した模様です!(;´□`;)アーゥ)

花壇にあった「ヒューケラ マホガニー」↓を半日陰に移しました。

mahogani-2012-5.jpg

保険のために挿し木していた「モンタナ スノーフレーク」が大きくなりました。
本家より先に花盛りですv(* ̄▽ ̄*)

monntana2012-5.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日は母の日。
息子家族が夕ご飯に招いてくれたので行って来ました。
メインは手巻き寿司、肉じゃが、ゴボウとお豆のサラダ、あさりの味噌汁。

プレゼントは「マイクロ胡蝶蘭」で、あれこれ悩んで選んでくれたそう・・・
テーブルに置くのにちょうど良い大きさで、夏の水遣りは5~6日に一度で良く、
“ちょっと出掛ける”ことがある私向き?!(笑)
鉢に重量感があって、ちょっとオシャレです^^

kotyouran2012-5.jpg

追記
帰りにはお土産を持たせてくれました。
美味しいパン屋さんのパンです。
コーヒー味のマーブルで、さっそく朝食に頂きました。
見た目よりサッパリ味で(b^ー゜)グッ♪

pandapanda-ma-buru2012-5.jpg

PageTop

種蒔き・・綿やアサガオ

今朝は冬並みの寒さで、外に出ている場合じゃありませんでした。

↓種を蒔いた「アサガオ」「綿」「フウセンカズラ」たちを窓辺に置いています。
「アサガオ」と「綿」は間もなく芽を出すようで、土を持ち上げてきました^^
「フウセンカズラ」はまだ。
もしかすると種が古くなっているかも知れず、芽が出たらラッキーということで・・・

tanemaki2012-5.jpg

雨が上がった後、雨粒が綺麗だろうと思って、カメラを持って庭に出ました。
どうやら「アルケミラモリス」が消滅した模様 Σ(T□T)ガーン
株分けして、場所も移動したのが良くなかったかも?
「アルケミラ」ほど雨粒が綺麗な葉は無かったのに残念です。

これは「サラダバーネット」。
細かい雨粒が綺麗でした~♪

sradaba-neto2012-5-12.jpg

グンと背が伸びて、これから花を付けるようです。
種が零れて増えたら嬉しいけど、花壇の外れ、ちょうどレンガ敷きの上に落ちるので、
自然に任せたら難しいかな?
採った種を地面へばら撒いたほうが良さそうです。

saradaba-netto2012-5tubomi.jpg

ゲンコツみたいなツボミが可愛いくて、どんな花が咲くのか楽しみです^^

ba-netto-tubomi2012-5.jpg


そういえば、ペチュニアを種から育てる友人は
秋に花が終わって種を付けたら、そのまま土に埋めるそうで、
壁掛けのプランターにチビ苗がたくさん生まれていました。
それを間引いたり植え替えて冬まで楽しんでいます。
力まず構い過ぎず育てていて、楽しそうで羨ましい(笑)

PageTop

シレネ&ワイルドストロベリー

「シレネ」には凄くたくさんの種類があるようですが、
「家のシレネ」は一重の白い花で、遠目には「カスミソウ」のようです。
見た目よりずっと固い茎は30cmほどで、
草丈が高くなる「カスミソウ」のように倒れこまないのが良いかも。

咲き終わった花をハサミで取ろうとすると、少しネバッとした感触があって、
その粘着力で、下から上がって来る蟻などを花に寄せ付けないようにしているらしいです。
そういう防衛力が薔薇たちにもあれば手間いらずなのに~~と思います^^

今日は「カラミンサ」の若葉が一部枯れているのを発見!
柔らかい茎を切ったような跡があるので、何奴かがかじったようです。
丸く広がって咲いて欲しいのに~凸(*▼▼)ユルサン!!
茎にも土にも殺虫剤をたっぷりかけておきましたっ!!

↓「シレネ」 
sirene2012-5.jpg

ワイルドストロベリーの花が終わってきたと思ったら、
もう小さな実が付いています。
ランナーが伸びたら、子供の次、孫の苗で更新すると聞きましたが、
これは植えてからずっとそのまま。
普通のイチゴだったら、とっくにご機嫌をそこねていることでしょう(; ̄ー ̄A

ストロベリーポットをひっくり返すのは大変だけど、
この秋は頑張るかも知れません (≧ω≦)b

waisuto2012-5.jpg

PageTop

どんぐりから芽が出ました^^

何を植えたか覚えのない鉢から、マッチ棒のような棒が出て来て、
何だろうと思っているうちに葉っぱが出てきました。

葉を見てようやく思い当たりました。
去年の秋、ゴルフ帰りの夫のポケットに入っていたどんぐりを、
植えておいてと頼まれて、鉢に2個埋めました。
発芽率100パーセントで、ナラの木(木の事はわかりませんが、たぶんそんな感じ!)
が生えました w( ̄▽ ̄;)wワオ

「ハナミズキ」も5か所くらいに挿してあり、
最近「オウゴンイタヤモミジ」を植えたばかり・・
そのうち我が家の庭は木漏れ日降り注ぐ里山風になります(笑)

donguri2012-5.jpg

友人に貰った「リシマキア・プンクタータ」のそばから、
こんな花が咲き出しました。
これは、雑草でしょうか?
地面に下ろすのは危険な予感がするので、「リシマキア」共々鉢植えにしています。
「ラナンキュラス」のような形の小さい(2㎝ほど)花です。

kiirokobana2012-5.jpg


PageTop

クレマチスやヒューケラ

クレマチス「白花ハンショウヅル」に2㎝ほどの小さな花が咲きました。
植えてから3年目で、枝はかなり育ったはずなのに、花は数輪でした。
弱剪定を間違えて、半分くらいに切り詰めたのが失敗の元だったらしい・・・
原因がわかったので、来年こそはたわわに花を付けさせます d( ̄  ̄)ガンバル

見れば見るほど、プッツリと切った枝が痛々しい。
この先があれば・・と、後悔の嵐です(泣)

sirobanahansyouzuru2012-5.jpg

「ヒューケラ ミラノ」は、シルバーの葉に濃いピンクの花で、
これから大株になって行くのが楽しみです。
「イワヤツデ」の葉がここまで生い茂るとは予想外で、
「ミラノ」に覆いかぶさる数枚を切りました。
どちらも可愛そうなので、秋には「ミラノ」の引っ越しです^^;

hyu-kera-mirano2012-5.jpg

いよいよ白さを増してきた「ビバーナム」。
木が古くなってきたのか、株元に新梢(?)が数本出ています。
親より背が高くなりそうな勢いで伸びていて、
喜んで良いのか、困ったことなのか???

新梢は1本に減らして、丈が高くならないように、
半分ほどでカットしようかと思案中。
新梢からの新しい幹が育ったら、新旧交代ということで
↓この木は切るつもりです。

失敗しても、挿し木したチビ苗が順調に育っているので
大丈夫でしょう ('ε')v

biba-namu2012-5.jpg

PageTop

ティアレラ ピンクスカイロケット

植えて4年目の「ティアレラ ピンクスカイロケット」。
たくさん花を咲かせてくれるようになりました。

tiarera2012-5.jpg

華奢で、マッチ棒を挿したような作りが楽しい花です。
夏は水遣りを控えたほうが良いそうなので、
ホースが届きにくいところに植えておいて良かったです~♪
たまたまですけどね^^;

tiarera-2012-5-7.jpg


大型連休中の話ですが、
「庄川水記念公園」へ行きました。

目的は、「木工祭り」を見ることでしたが、
公園内で、こんな橋を見つけました。
そう言えば、少し前に地元TVで紹介していましたっけ。

「箸の橋」・・7万本の割り箸で造られています。

hasi-mizukinen2012-5.jpg

立札に従って、自己責任で渡ってみました(笑)

mizukinen2012-5.jpg

見れば割り箸そのものですが、3人くらい乗ってもびくともしない頑丈な橋です。
橋のたもとの小砂利が挟まって、さらに強度を増してるもよう^^
述べ3年もかかって造られた橋ですから、長持ちして欲しいですね。

waribasi2912-5.jpg


PageTop

シャガなど庭の花

今日は、不安定な空模様で、
物凄い音で雷が鳴り、バケツをひっくり返したような雨が降って、
庭の花たちには過酷な一日でした。

シャガは柿の木のと枝垂れ紅葉の下に植わっています。
増え過ぎるのが困ると言えば困りますが、
土の表面の浅い所で根を張るので抜きやすくて、調整が楽。
私にとっては絶やしたくない花です。

syaga2012-5-5.jpg

良く見ると爽やかな色合いで、白が綺麗~(´-`)v

syaga-2012-5-5.jpg

「エビネ」は地植えですが、バルブ(?)が混んできたのか、
今年は、やや小ぶりな咲き方でした。

ebine2012-5.jpg

「クレマチス・ウェッセルトン」は昨日の写真です。
今日の土砂降りで傷むのかと思ったら、意外に強くて大丈夫!!
下向きに咲くので、写真を撮るのが大変ですが、
一番下の花は、茎がネットに邪魔されて上向きに咲きました( ̄ー ̄)v

家のクレマチスの中ではダントツに早く咲きます。

uesseruton2012-5.jpg

PageTop

飛騨高山へ

新緑が綺麗な神通峡を眺めながら、高山へ行って来ました。
山々の緑のグラデーションがあまりにも見事で、何度「綺麗~」と言ったことか。

両親と息子家族も一緒に行きましたが、実父と孫の@くんの年齢差は約80歳。
車が2台、大人6名幼児1名の全員が行動を共にするのはなかなか大変です(; ̄ー ̄A

高山の「古い町並み」を散策する時も、年齢毎に別行動。
あまり長く歩けない母のために両親には人力車に乗ってもらいました。
赤い傘は記念撮影用で、雨が降ったら人力車のフードを被せるシステム。
八重桜と赤い橋が一緒に収まる撮影スポットから出発して行きました。

人力車が珍しい観光客にカメラを向けられて、母は恥ずかしかったそうで・・(笑)

お疲れの二人のために(歩けない母のためにが本当のところです)
駅近くのホテルまでは行き帰りタクシーで(近くても母の足では微妙な距離でした)
私たちは若いので、徒歩ですεεεヾ(*´ー`)

夜はみんなで飛騨牛の焼き肉を食べに出掛けました。
若い人はもちろん、父も母もお肉は大好きでなので、
全員で美味しく食べることが出来ました( ´o`)ホッ♪

takayama-2912-5.jpg

翌日の朝、朝食を済ませてから「宮川の朝市」へ。
ここでも、孫が川の鯉に釘付けで離れなかったために
息子家族とは途中から自由解散。

朝採れの野菜、山菜、山野草、漬け物、お菓子作りの実演を見て歩き、
お土産などを買って帰りました。

帰り際、団子が焼ける香ばしい匂いに誘われて、
ホテルの部屋で待っている母のために2本買いました。

ほかほかに温かくて美味しかった~♪・・・だ、そうです。
喜んで貰えて良かったですd( ̄◇ ̄)b グッ♪

akaiti2012-5.jpg

たった一晩の留守の間にも、庭の様子が違う感じ。
チューリップの色が変化したのかと、頭の中が????
そばへ行ってみると、
先に咲いた白花は散ってしまい、その後に薄いピンク色が咲いていたのでした。

ピンクの「梅花イカリソウ」も可愛い花を咲かせました。
株は随分大きくなりました^^

baika-2012-5.jpg

今年もようこそ咲いてくれました~♪

baikaikarisou2012-5.jpg

(◎_◎) ン?
これは何?と思ったら、「ハナミズキ」を挿した人がいるらしく・・
他の場所にもブスッとね。

これで挿し木が成功するんですから、どういう手かと思います。
「ハナミズキ」が可愛いのか、次女の記念樹だから可愛いのか・・
このまま行くと「ハナミズキ林」ができるかも知れません(笑)

hanamizuki-sasiki2012-5.jpg




PageTop

ハナミズキが2輪咲きました^^

街路樹の「ハナミズキ」が満開を迎えていて、
車を走らせていても和やかな気分になります。

我が家には、次女の誕生を記念して、市から貰った「ハナミズキ」があるのですが、
どういう訳か花が咲かなくなって、途中で挿し木(夫が)したものに
今年ようやく2輪だけ花が咲きました。

苦節ン十年。
挿し木から数年(?)
元の木は、切ってしまったので既にありません。

貴重な2輪の存在感といったら、そこだけスポットライトが当たったようです(笑)
来年は大きく育って、もっと数多く咲いて欲しい~~♪

hanamizuki2012-5.jpg

「サクラソウ」は良く増えるので庭のあちこちに咲いています。
日当たりが好きなようで、北側より南側で元気です^^

sakurasou2012-5.jpg


「ローリエ」の花、発見!

「ローリエ」の葉は、生はもちろん乾燥しても良い香りが出るので
挽肉料理などに使っています。

ro-rie2012-5.jpg



PageTop

チゴユリ&ハナニラ

いつの間にか、うっかりしているうちに、
ユニフローラ畑になってしまったビバーナムの下辺りです。

夏場は葉だけになるので忘れてしまって、球根を整理することもしないので、
ころころと増え放題です^^;
花ミズキとローリエも植わっているので、
根っこが邪魔で球根を掘るのがたいへんということもあります。

以前、オキザリスが増え過ぎて、取り除き過ぎて、消滅させて、
今は後悔しているので(銅葉で薄いピンク色の花だったので、
庭に銅葉が欲しい今は、良い仕事をしてくれたかも知れないと思って・・)
ユニフローラもやり過ぎないように適度に減らしていかないと・・・

hananira2012-5.jpg

「チゴユリ」は楚々とした小さい花です。
楚々としながら、じわじわ増えつつあります。

tigoyuri2012-5-1.jpg

手前に落ちているのはモミジの種で、
去年の秋に、どっさりと舞い落ちたので、今年の春はチビ苗取りにいそしみました。

tigoyuri2012-5.jpg

羽根を付けたようなモミジの種は、いろんな場所へ着地し発芽しました。
木が若いうちは、そんなことは無かったのですが、
老木になってきて子孫を残そうとしているのかも知れません。

でも、
残し過ぎですから~~~~~ヾ(≧へ≦)〃ヤメテ



PageTop