同じ空の下で・・・♪

庭の花のこと、日々の出来事を・・・・

ローテンブルクの街

ローテンブルクもまたロマンチックな街でした。

ro-tennburuku2011-10-matina.jpg

三角屋根に木組みの壁、石畳が続く道。

ro-tennburuku-mati-2011-10.jpg

鉄の看板が面白いと、旅本で調べていたので、
看板探しもしました。

tetunokannbann-2011-10.jpg

窓に飾られた花は、一番見ごろの物が飾られている感じで、
何処かにバックヤードがあるかと思うほど完璧です。
(たぶんありますね( →_→)ジーッ)

大振りなベゴニアと道路に届きそうなティコンドラが見事です~♪

ro-tennburuku-bekonia-2011.jpg

街中を散策して、一年中クリスマスグッズが売られているお店に入りました。
一番手前の建物です。

ke-te-uorufaruto2011-sannka.jpg

広い店内は、クリスマス飾りや刺繍の小物が所狭いしと並んでいて、
それも整然と種類分けしてあって感心しました。

↓中二階から写真を撮っていますが
近くの人と比べても、ツリーの大きさが分かります。

k-te-uorufaruto2011-10.jpg

悩んでいると買いそびれるので、
とにかく気になるものたちをカゴに入れて・・・
ツリーに飾るオーナメントやキャンドルスタンド、レースの飾りなどを
大急ぎでゲット!
我が家にはもうクリスマスツリーが無いことを後になって気が付きました(笑)

キャンドルスタンドはこんなの↓です。
(家に帰って撮ったもの。後ろの絵は富良野の風景画です^^)
台の両端にキャンドルを置く所があります。

doitu-kyandoru-2011.jpg

その近くのお店では、木のおままごとセットを購入!
レジへ持って行くと、お店のおばあさんが赤い蓋を取って見せてくれました。
にっこりして「ほらね。蓋も取れますよ^^」と言ったのだと思います。
ドイツ語は分からないけど・・・(おそらく!)
摘むのがやっとなほど小さなポットの蓋。
小さい物好きにはたまりませんでした 〃▽〃)Love

doitu-omamahoto2011.jpg

ランチは、
お肉とジャガイモ、デザートにパンケーキ。
テーブルに、取り分けて食べるための
ザワークラフト(キャベツの酢漬け)の紫キャベツバージョンが付きました。

ro-tenburuku-ranti-2011.jpg

食事を済ませ、バスでフュッセンへ向かいました。


と、その前に。
旧市街を取り囲むように造られた城壁の回廊を歩くという
高所がダメな私には苦しい体験を!
市内を眺めると楽しいはずなのに、壁を見つめて歩きました^^;

それでも、登った記念と言うことで、
壁に張り付いて一枚撮りました(= ̄▽ ̄=)v

zyouheki2011-10-ro-tenn.jpg

スポンサーサイト

PageTop

ハイデルベルクへ

ドイツ最古の大学「ハイデルベルク大学」のある街「ハイデルベルク」へ。

haideruburuku2011-10-1.jpg

レストランの壁面に飾られた花に目が釘付けです。
窓辺にゼラニュームが飾ってあるのは良く見かけましたが、
これは、上のほうには薔薇も植わっていて珍しい飾り方。
一見、花屋さんかと思うようなレストランでした。
この下にテーブルが出ていて、外で食事をしている人たちがいました。

そうそう、
寒くても戸外でお茶したり食事をしたりする人が多かったような気がします。

haideruberuku-hana-2.jpg

市庁舎はゼラニュームで統一されていました。

haideru-sityousya2011-10.jpg

少しアップで。

zeranyu-mu-haideruberukusit.jpg

「騎士の家」・・・ホテルとレストランになっているそうです。

kisinoie-4.jpg

聖霊教会も古い建物。

seireikyoukai2011-10-maruku.jpg

丘の上に「ハイデルベルク城」が見えます。
カール・テオドール橋という石組の橋から見上げたところで、
この後、お城近くまでバスで行き、その後は徒歩で城内へ入りました。

haideruberuku-zyousi-2011.jpg

街中から、この橋へ行く途中、
石畳の路上へデジカメを落としました(泣)
この辺り↓の路地でした。
壊れはしませんでしたが、レンズが出てくる部分に隙間ができました(号泣)

rosi-kamera2011-10haideru.jpg

気を取り直して。

「ハイデルベルク城」の様子です。
修理をしていましたが、破壊(その昔、フランスと戦った時)の跡が
そのままのところも多くて、何だか痛々しい印象。

haideruberukuzyou2011-10.jpg

「スモークツリー」がモクモクと咲いていました^^

sumo-kutuir--haideruberuku.jpg


「ハイデルベルク城」から市街地を見下ろす眺め。
まるでおとぎ話の世界です。

haideru-mati2011.jpg

PageTop

ライン川を下って

ライン川は、「リューデスハイム」から、こんな船に乗って下りました。

rainngawakudari2011-10.jpg

船に乗り込む前に「船の岸側に乗ると眺めが良いです」なんて
小耳に挟んだので、乗った時の船着き場側にいましたが、
なんのことはありません。
船は右岸左岸の船着き場に寄りながら川を下るので、
どっちも岸側になる場合があるわけで・・・

ということは、船の前にいたほうがまんべんなく景色を楽しめるということ?
後悔先に立たず。しまった!!

こんな船着き場↓に寄りながら、お客さんを乗せて・・・

sannbasi-raingawa2011-10.jpg

ぶどう畑を背にした家並み・・・

rainngawa-2011-10-1.jpg

紅葉した山と、なだらかなぶどう畑・・・
曇り空でしたが、川のそばの黄葉が綺麗でした。

rainngawa2011-10--2.jpg

そんな山裾を、長い貨物列車や車が走って行きます。

rainn-dennsya2011.jpg

現在は博物館になっている「プファルツ城」。

rainngawa2011-10--4.jpg

現在はホテルになっているものや、個人所有になったもの、
または廃墟になったお城が、山の上にも中腹にもたくさん見えました。

ぶどう畑は、崖のように急な坂にも作られていて驚きでした。
そこにポツポツと白いヤギらしき生き物がみえました。


「ザンクト・ゴアール」で船を降りて、
バスに乗り換え「ハイデルベルク」まで移動です。
高速道路の脇に「ナツユキカズラ」が満開でした。

車窓から、風力発電の風車がたくさん見えました。
太陽光発電のパネルが並んでいる場所もありましたが、
広く続く大地があるドイツならでは・・と思いました。

doitu-fuusya2011-10.jpg

PageTop

ドイツ・スイス・フランスへ

ヨーロッパ旅行のツアーに参加して、ライン川下りやユングフラウヨッホ、
パリの町歩きなどに行って来ました。

成田を発って、時差が-7時間のドイツ・フランクフルトへ。
空港近くのホテルに泊まって、次の日から本格的にハードな旅が始まりました。

ライン川下りは、リューデスハイムの船着き場から船に乗りました。
船の時間まで、つぐみ横丁の散策を。
つぐみ横丁は、200mほどの長さの、道幅の狭い通りで、
ワイン酒場やお土産屋さんがぎっしり立ち並んでいる可愛い横丁です。

お店の看板がそれぞれ凝っています。

tugumiyokotyou2011-10.jpg


朝が早くてお店は開店準備中。
ショーウインドウからの写真です。

クリスマス飾りの良く出来ていること・・・
開店していたら、ここからお買い物三昧だったでしょうが、
幸か不幸かガラス越しに見ることしかできず、
初日から荷物にならなくて幸いでした(笑)

tugumiyokotyou2011-10kurisu.jpg

ライン川下りはまた次の話に。。。

PageTop

紫陽花が・・

丁子草の黄葉が綺麗になってきました。
秋ですね~♪
このぐらいしっかりとした秋になると、ワタシの苦手な季節は終わりです^^

tyouzisou2011-10.jpg

何かが付いてる?と思ったら、紫陽花の狂い咲きでした。
季節をちょっと間違っちゃったんですね(笑)

azisai2011-10.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

友人が、夏のバーゲンでカゴバックを買ったのですが、
ほんの少し使っただけで持ち手の紐が切れました。
片方切れた後日、もう片方も・・
バーゲン品だからって、ひどいわ~~っ と憤慨。
その気持ち分かります!

そこで、
バックとしては諦めて、こんな風に使うことにしたそうです。
ランチに行くと、バックを入れておくために足元に置いてあったりしますよね。
彼女の場合、部屋の中なのでバックの底が汚れたりするはずありませんが、
使って使って~♪とのことで、試しに使わせてもらいました。
バックが倒れなくて、d( ̄◇ ̄)b グッ♪(そこ?)

kago2011-10.jpg

明日からしばらく出掛けます。
玄関以外の戸締りは完璧です(早っ!)

PageTop

タカサゴユリ

家の敷地の中で、たぶん一番栄養のない場所と思われる北側の日陰で
「タカサゴユリ」が咲き出しました。

yuri2011-10-3.jpg


植えた覚えもないのにユリの花。
どうやら種が飛んできて、葉だけで光合成をしながら球根を育てていたらしい。
調べてみると、昔(大正時代?)観賞用に台湾から持って来た物が帰化したそうで、
今では道路わきでも育っているとか・・・

葉っぱだけの時に、草と一緒にむしらなくて良かったです^^
そう思って良く見ると、他にも来年花が咲きそうな茎が一本。
いつの日か、ここがタカサゴユリバタケになったら良いな。(笑)

yuri2011-10-ame.jpg

花を切って部屋に飾りましたが、
匂いは弱く(嗅げばユリの香りはしますが・・)邪魔になりません。
細く入った赤い筋が綺麗です^^


PageTop

アメジストセージ

「アメジストセージ」が咲いてきました。
待ち望んでいた「ボックセージ」は消滅したようです^^;
水色で綺麗な花だったのに・・・残念!

「アメジストセージ」、最近ショッピングセンターの花苗コーナーで見かけた名前は
「レウカンサ」となっていました。
最近ではこの呼び方が一般的ですか?
花の名前は変わっていくことがあるので難儀!
それも難しく変わる! (@ ̄_ ̄)ジィー

とりあえず、うちの子はこのまま「アメジストセージ」と呼ぶことにします^^

amezisutose-zi2011-10-2.jpg

モコモコとしてビロードのような質感の花で、
先日のメドーセージより花もちが良さそうに思えます。

amezisutose-zi2011-10apppu.jpg

「何か赤いものが??」と思って見てみると、
「アメジストセージ」の中に、裏なりのように小さな朝顔が・・・
この他にもう一輪。
朝顔はやはり夏の花ですね。
寒くて縮こまっているように見えます。

asagao2011-10.jpg

PageTop