同じ空の下で・・・♪

庭の花のこと、日々の出来事を・・・・

オキナワスズメウリの今

今朝の「オキスズ」の様子です。
新しい蔓は、上へ上へと真っすぐに伸びたがります。

okisuzu2011-7turu.jpg

上へ伸びると収穫どころか、鑑賞も難しいので(柿の木で実証済み^^;)
ときどき蔓の行き先を修正します。
左端のプランターからフェンスの端まで、これで一往復しました。
まだ花は付きません。

okisuzu2011-7-28.jpg

昨夜の激しい雨で、庭はぐしょぐしょ、緑の葉っぱは生き生き。
倒れるものもある中で「クレオメ」は、すっくと立って絶好調です。

kureome2011-7-28.jpg

スポンサーサイト

PageTop

ヤブラン

砂利を敷いた通路に、「リュウノヒゲ」と一緒に植わっていた「ヤブラン」。
水も撒かない乾燥した場所だったので、成長が悪くて絶えそうだったのを、
去年の秋、植え替えました。

少し日陰で、元の場所よりずっと柔らかい土です。
心なしか葉ものびのびと柔らかめ・・・植え替えて、良かった^^

yaburann2011-7.jpg

花にピントが合いにくいので、左手の指を花のそばへ持って行って、
シャッターを切りました。
すばやく左の指を引っ込めて、右手に持ったカメラのシャッターを!

逃げる指が写っているのもありましたが(笑)ピントはどれもOK!
なかなか上手くいきました。

指に変わる小道具をつくれば、細い枝や花も上手に撮れそうです。
小さい指さし棒のようなものを作ったらどうかしら?(b^ー゜)イイネ!!

お菓子に付いていた爪楊枝の団扇、爪楊枝を竹串に替えて、
こんなのは?

utiwa2011-7.jpg

良いかもね

ん?あれあれ?こんなことは常識でしたか~?

PageTop

リアトリス スピカタ アルバ

「リアトリス スピカタ アルバ」
もっと、シッポのようにフサフサしてきたら写真を撮ろうと思っているうちに、
一番綺麗な時期を逃してしまいました。

花の命は短くて・・・ですね^^;
先端は咲き終わり、房の下が満開です。

riatorisu2011-7.jpg

球根を植えてから2年。
花穂の数は倍以上になりました。
摘芯をしないで育てたので、背高のっぽの1.3m。
2~3年毎に植え替えると良いようなので、
来春は、他の花の背景になる場所へ移動するつもりです。


「カサブランカ」は、もうお終い。
「リアトリス」の花殻を摘んだら、急に寂しくなるコーナーです。

ご近所に、
絶え間なく、いろいろな花が咲いてくる花壇があるのですが、
地下はいったいどうなっているのか、とても不思議です!?
この下には球根が~とか、ここは宿根草が~とか、
四の五の言っている私には作れない感じ!^^;

充実の花壇は、ゆっくり散歩して(と言っても、1分もかからず通過)
見せてもらうだけにします( ̄ε ̄〃)bグッ!!

PageTop

ジニア

絶え間なく咲いてくれて嬉しい「ジニア」。

オレンジ色が濃くなって、花が小さくなってきました。
肥料切れ???

zinia2011-7.jpg

まわりが、草ぼうぼうのように見えますが、私にはお宝ばかりです^^

切り戻して、今は花が咲いていない「エリゲロン」や、
花が終わって、種を落としてくれるのを期待している「ペンステモン」。
たぶん「白の八重オダマキ」の苗。
ツボミが上がってきた「アルケミラモリス」。
斑入りの「グレコマ」etc。。。

ごちゃごちゃと、苗の養生所のようになっていますが、
ここに写っているだけで、9種類はあります。
大きくなったり増えたりしたら、草に見えないようにメリハリのある
植え込みにするつもり。

あれこれ移動させたい衝動を、グッとこらえて秋を待ちます^^

PageTop

カサブランカ

「カサブランカ」が開き始めました。

「風のガーデン」にもあったとは意外でしたが、
そうとは知らずに、ホームセンターに隣接の園芸店で球根を買いました。

貞三先生の花言葉によると『わが青春のイングリッド・バーグマン』。
「カサブランカ」と「イングリッド・バーグマン」の繋がりが分かるお方は
昔乙女のお友達~~♪(笑)

kasaburannka2011-7.jpg

近くでツンツンと立っているのは、この子↓。
今はもう枯れてしまった「アリウム 丹頂」です。

tantyou2011-7.jpg

球根を20球近く植えこんだと思います。
小さなボンボンが「カラミンサ」のそばに咲いたら良い感じかも?と
芽が出たときから楽しみにしていたのに、
蕾を虫に食べられたり、茎が枯れたりしてどんどんダメになり失敗!

周りのどの花にも虫が付かないのに、美味しいのか?丹頂。

PageTop

ラティビダ・・別名 メキシカンハット

今年植えた宿根草「ラティビダ レッドミジェット」。
別名のメキシカンハットのほうがピントくる、おどけた花形です。

ratibida2011-7.jpg

茎が長いわりに、丈夫で倒れず(台風が近づいているのが気がかりですが・・)
もっと増えて欲しいです。

束になって風に揺れたら楽しいだろうと想像中^^

台風が接近しています。
北陸地方への影響はどうでしょう?
風で倒れそうな「グラジオラス」や「クレオメ」は紐で縛りました。

そうして準備しておくと、台風が逸れてソヨとも風が吹かない事がありますから、
準備が無駄になることを期待します^^

PageTop

モントブレチア

「モントブレチア」が咲きました。

球根を植えてから数年(?)、なかなか咲かないので
待ちくたびれて、もう無くなったものと半ば諦めて、
ラベルも捨ててしまっていました。

細い葉が伸び出した頃、“貧相なグラジオラス”だと思って
抜いていたような気もします^^;

それじゃあ、花も咲かないわけで・・・

montoburetia2011-7.jpg

「ヒメヒオウギズイセン」とも言うらしく、
実家では、通り道の石垣の隙間にも咲くほど丈夫な球根植物です。

後ろは、切り戻した後にまたモリモリと育つ「レモンバーム」。
横には、夏の食卓に何かと重宝な青紫蘇が写っています^^

まわりの倒れかかった葉っぱ(虫食いの葉のグラジオラス)がどうとか、
背景がどうとか、考えられないほど暑い一日でした。
日が落ちて、ようやく撮って来た3枚のうち、
一番ピントが合っていそうなのを選びました^^

PageTop

クレオメと針仕事

零れ種からの「クレオメ」です。
種によって、ピンクの強い花が咲いたり、
紫がかった花が咲いたり、いろいろですが、
これは白がはっきり出ました。

これから、どんどん上の方へ咲き進んで、
夏の終わりまで長い間楽しめるので、
“我が庭の大切な花ベスト10”に入っています。
(・・って、たった今、決定!^^)

kureome2011-7.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

気に入っていたのに、着なくなってしまった洋服。
襟ぐりを大きくしたら良いんじゃないかと思い付き、
ジョキジョキ鋏を入れてリメイクしてしまいました。

asa-burausu2011-7.jpg

リバティのお気に入りの布を見返しに・・・
伸びを防ぐための接着テープも貼り付けました。

baiyasu2011-7.jpg

模様が違うのは、生地が足りないからではありません。
オシャレ心です^^

baiyasu-2011-7-eri.jpg

袖丈も短くしたかったのですが、ここまででギブアップ!

rimeiku2011-7.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

明日からしばらく(4、5日?)留守にします。
留守中に1回か2回、庭が潤う程度の夕立を期待して!

PageTop

ボルトニア(アメリカ菊)

昨日、北陸地方も梅雨が明けたそうです。
気のせいか、今日は暑いながらもさらっとした空気。
柿の葉もピカピカ光って見えます。

この柿の木ですが、今年は見事なほどの不作です。
今年は、裏年っていうことでしょうか?

tuyuake2011-7-10.jpg

ボルトニア(別名 アメリカ菊)が咲きだしました。
痩せた地面に雑草のように植えていますが、
夏の間中、絶え間なく咲いてくれるので重宝しています。

amerikagiku2011-7.jpg


2匹いたトンボのうち1匹が☆になり、可哀そうに・・・
と思っていたら、今朝、4匹に増えていました^^
ハグロトンボも1匹来ています。

と、ここまで書いて、トンボや蝶々の数え方は1頭2頭だったような気がして
確かめてみました。
馴染めないけど、頭が正しい。

キアゲハ蝶も1頭飛んでいますが、オリーブに卵を産み付けて
大きな毛虫になるのが困ります。

しつこいようだけど、
アゲハは一羽二羽と数えるのが似合いませんか~?(笑)



PageTop

エキナセア、ピンクと白色

夕方、友人からメールがあり、今日は気温がぐんぐん上がり、
36.8度もあったそうです。
梅雨も明けないうちからこれでは、
また去年のような猛暑になるのでしょうか?

それとも、
今は暑いけど、意外に涼しい夏で、案外早く秋がやって来る!
な~んてことに・・・なったら嬉しいんだけど^^

去年の秋、しゅうちゃんに頂いた「エキナセア」が咲きました。
本家では、もっと大きくなって、株も増えているようです。
家のもどんどん増えて欲しいです^^

ekinasea-pinku2011-7.jpg

白のエキナセア 「パープレア アルバ」も咲いています。
「風のガーデンに咲く宿根草の育て方」に
“早めに花を切ると、次の花を楽しむことが出来る”と書かれているので、
もうしばらく見せてもらったら、切ってみようと思います。

さらに、
“過湿になると腐りやすい”などと、恐ろしいことも書かれています。
蒸し蒸しの毎日で、凄い過湿なんですけど・・・

ekinasea-siro2011-7.jpg

取りあえず、
葉っぱに、花の病気と害虫のスプレーをかけておきました。

PageTop

クレマチス グラベティ ビューティ

クレマチス「グラベティ ビューティ」が咲いています。
蔓バラ「スパニッシュビューティ」のアーチに絡まって咲いているのですが
これはアーチに登り切れずに垂れ下がった蔓の部分。
目の高さで咲いたので写真に撮ってもらえたラッキーな一群です^^

アーチのてっぺんに咲いている正統派は二階の窓からしか見えません^^;

guravuteibyu-tei2011-7.jpg


柏葉アジサイは先の方まで咲き切りました。
大きくなったツゲの奥で、ひっそりと咲かせていますが、
昨日、お茶の先生(くれぐれも同好会^^;)のお宅に見事なのが飾ってあり
家の柏葉さんをを思い出して見に行きました。

kasiwabaazisai2011-7.jpg

柏葉アジサイが、もっと大株になったら、
無駄に大きくなって丸く剪定することも出来ないツゲは撤去するつもり・・・

今のところ大丈夫ですが、注意していないと毛虫が付くんですーー;

PageTop

ホスタの花

今日は午後からスコールのように激しい雨が降りました。
ちょうど、郊外の大型ショッピングセンターに向かう途中で、
車のワイパーを最強にしても前が良く見えないほど・・・
片側二車線の白線も見えず、久しぶりにスリルを味わいました^^;

どうやら、県内に大雨警報が出されていたようです。


庭では、「ホスタ」の花が咲いています。

hosuta2011-6.jpg

花はそれぞれ違っていて、
これ↓は一輪差しにしても良さそうな感じ。
上のホスタと一緒の記事に載せたくて、
雨の中、撮って来ました^^

gibousi2011-7.jpg

この雨の中、
家のトンボは(勝手に決めました・笑)どうしているのやら。
叩きつけるように降る雨は困ります~。

PageTop

ル・レーブとコンボルブルス、そしてトンボ

オリエンタル ハイブリッド リリー「ル・レーブ」が咲いています。
ユリの花の匂いが嫌いな人(実家の父は頭が痛くなると言います)もいますが、
私も母も嫌いじゃないので、庭にユリの香りがすると嬉しいです^^

rure-bu2011-6.jpg


朝顔を小さくしたような花が咲く「コンボルブルス」。
零れるように咲いたこともあったけど、それは遥か以前の話で、
今では木質化した部分から出た茎に、この程度にゆったりと疎らに咲いています^^

大抵は茎が横に張るのですが、梅雨に入ってしばらくして気が付くと
上へ真っすぐ伸びてきました。
コンボルブルスも地面近くの湿気がお嫌?^^

konnboruburisu2011-7.jpg

このブログを書いているときに、外にいた夫がカメラを所望!
このところ、庭にトンボが2匹いるのですが、
ちょうどオキスズの柵に止まっているとのこと。

数枚撮った中から2匹が写っているものを選びました。

tonnbo2011-7.jpg
(クリックして拡大すると画像が大きくなります。)

私もアップで撮ってみました。
何度シャッターを押しても逃げません。
トンボは家の庭を住みかと決めたらしい^^

tonbo-appu2011-7.jpg

PageTop