同じ空の下で・・・♪

庭の花のこと、日々の出来事を・・・・

茶香炉で

今日は一日雨でした。
庭の雪もすっかり融けて、撒き過ぎが目立つ米ヌカも
じんわりと土にしみ込んでいる模様^^;

↑冬の間、雪の上から何度か撒いた米ヌカですが、
雪とヌカの層ができていたらしく、
雪が先に融けて、ヌカのかたまりが融けきれずに残りました。
ガビガビで、かっこ悪~でした(汗

・・・・・・・・・・・・・・・

玄関で、ときどき使っている茶香炉。
今日は賞味期限がとっくに切れた「ほうじ茶」を焚いています。
今まで香ばしい香りが届きます^^

tyakouro2011-2.jpg

今日で、2月もお終い。
いよいよ弥生三月、春ですね~♪
あれぼど憂鬱だった腰痛も、いつの間にか治っていますヽd´ι`bノ oh

スポンサーサイト

PageTop

スノードロップ

朝、お隣さんの屋根にうっすらと雪が積もっているのが見えました。

うーん、これは、
2つ目の蕾が咲きそうだったスノードロップの写真を撮るのに
絶好のロケーション(大袈裟な~^^;)だと思って、
家の庭へも、朝日が差してくるのを待っていました。
(東側のお隣さんの蔭になって、早朝の庭は日陰なんです)
朝ご飯を済ませ、珈琲を飲んで、さて庭へ・・・

「うっすらと雪を被った花壇にスノードロップが2輪の図」
を、想像してわくわくしながら出てみると、
うっすら過ぎる雪は、とうに消えた模様。

・・残念!

suno-doroppu2011-2.jpg

秋に刈り取って乾かした「フウチソウ」を、
球根類を植えた花壇に被せておきました。

剥がした残りが写って、汚いですね^^;



PageTop

久しぶりに着てみました^^

下準備は少し面倒ですが、
半襟さえかければ着物なんてササッと着られる。
・・ようになりたいと思う今日この頃。

着たというだけではなく、立ったり座ったり歩いたりが
“サマ”なるようになりたい。
市原悦子が演ずる「いじわるばあさん」なんて格好良いと思います^^
着物を着て、走り回ったりするのがちっとも不自然じゃなくて楽(らく)そうです。
それと「tot○」のCMで小林聡美さんが、赤いチェックの着物を着ていて
これがまた良い感じなんです。


さて、
普段の着物に合わせようと思って、
半襟を、バラの地模様があるコットン生地にしてみました。
良く見ないと気が付かない程度の遊び心^^

bara-haneri2011-2.jpg

半襟を付けたので、着物も着てみました。

なんと!
すごく着やすい体系になってます~ヾ(。 ̄□ ̄)ツ アワワ
10年前くらいに、度々着ていた塩沢です。

siozawa2011-2.jpg

締まって見えるかと思って、紺色(大島)も着てみました。
生地が薄い分、少しは細めに見えるかも!

うーん。元が元なので同じですね。残念!(笑)

oosima2011-2.jpg

お茶の会で(くれぐれも同好会ですから~)
お昼ご飯をご馳走になるので、着て行こうかと思いましたが、
行く前にガソリンスタンドに寄るの予定なので止めました^^;

久しぶりに袖を通しましたが、着るのは最初より二度目がやはり早いし、
名古屋帯も二度目が形よく早く出来て満足でした。

あとは、着物に着られた感じにならないように、
いじわるばあさんのように動きが自然になりたいものです。

PageTop

残雪。

このところの好天で、雪もかなり融けましたが、
屋根雪の硬くなったものは、ちょっとやそっとじゃ融けません。
とくに北側 ( ;¬_)ジーーーッ
凍ったように硬い雪なので、もう、お日様に任せることにしました。

“お日様に任せる”は、私の腰を心配してメールをくれた友人の言葉です。

ご近所さんが綺麗に雪かきをされると、その差が歴然。
積雪が多い時は息子家族がやって来て、綺麗に片付けてくれましたが、
その合間にも雪は降り・・
道路から玄関に入れるだけのけもの道(笑)みたいな除雪が恥かしかったのです。

気分は落ち着かないものの、
去年は除雪でギックリ腰になって、長いあいだ痛い思いをしたので、
繰り返すのだけは絶対に避けたいと思っていました。

そんな、腰に自信がないくせに、雪を気にしている私に
“お日様に任せるメール”が来たわけです^^

子供たちが小さい頃は、この屋根雪がとても重宝しました。
熱を出した子の、水枕を作るときに、中に雪を入れると
優しい水まくらが出来ました。
水と氷だけより雪の柔らかさがクッションになって、
熱の吸収も良かった気がします。

そのうち、アイス○ンになり、熱さ○シートになり、水枕は古くなり・・
今はもう家にもありませんが、「雪よ、もうしばらく残っていて!」
と思ったころもあったな~~~なんて思い出しました^^


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

メールの友人とは別の友達が、娘さんと一緒に遊びに来ました。
「○○ちゃんのお抹茶が飲みたいって言うのよ~。」
と、リクエストをもらったので、女子が喜びそうな干菓子を買って来ました。

ohigasi2011-2.jpg

お手前も何もない、点出しのお薄でしたが、
春の野の花の茶碗と、九谷焼の花の茶碗で話がはずみました。

コーヒーを出しても、カップの話で楽しく会話が広がり、
久しぶりに逢った彼女の成長ぶりに感心しました。

家の帰り、今度はフラワーアレンジメントの教室に行くのだとか・・
ええ、ええ、今のうちに何でも習っておきなさい^^
習っておいて無駄なことは何もないわよ~(¨ )(.. )(¨ )(.. )ウンウン!

オムツのころから知っているオバちゃんは、嬉しくて仕方ありませんでした(゜ーÅ)

PageTop

雪解けが進みました^^

気温が7~8度もあると、雪もどんどん嵩を減らしますね(嬉!)
このまま、すんなり春になるとも思えませんが、
寒さが戻ったり、少し暖かくなったりしながら
ゆ~っくり、季節が変わっていくのでしょう^^

寒の戻りで、また雪など積もろうものなら、ガッカリするに違いないけど
とりあえず、今日は雪が融けて嬉しかったです♪

庭では、ラッパ水仙の芽も伸びてきました。

rappasuisenn2011-2.jpg

また、少し前の話ですが、
新幹線社内サービス誌『トランヴェール』2月号で読んだ
伊集院静さんのエッセイに、惹きつけられる一文があって、
デジしていたのを思い出しました。

toranbe-ru2011-2.jpg

『仕事の関係や、家庭の事情でそうならざるを得ない人々が
二月の電車に乗っているはずだ。』

2gatu-toranbe-ru.jpg

二月の電車に乗っている・・という言い回しが、
何だかとても良いな~と思いました^^

そして最後に、
車両の中で静かにするのをこころがけるのは、
そこに哀しみの帰省をする人がいるからだと思うからだ。とも書かれていました。

そうそう、確かに!

ということで、今月のエッセイは良かったです。
普段は持ち帰らないのですが、デジしたわりには貰って帰りました(*^^*ゞ

PageTop

浅草橋

浅草橋で買ってきた、これ↓何て言えば良いのか分かりませんが、
シューズの形のオブジェ(?)に、オキスズを入れてみました^^

syu-zu-asakusabasi2011-1.jpg

水苔を詰めて、多肉でも植えたらどうかな?と思って
とりあえず2個だけ買って来ました。

浅草橋には、こんな小物や、文房具、お菓子やリボン、
ビーズなどを売るお店がたくさんあって「これを作るために!」という
目的がないまま出かけても、時間が足りなくなるほど面白い町でした。
(次回は、赤いバラのリボンを探しに行くかも・・(*^m^*) ムフッ)


そんなお店の一つ、シモジマの“east side tokyo”は、シックな建物。
向こう側のグリーンは造花です。
・・と、帰ってから知りました。
良く出来ているのに、良く見て来なくて残念!

asakusabasi2011-1.jpg

ショーウィンドウにもアーティフルフラワーが!
そのまま店内に入ると、本物より本物らしい造花が溢れんばかりに
飾ってありました。

asakusabasi2011-1uindo-.jpg

2階、3階と上がって行くと、またまた素敵なリボンや包装資材や
フラワーベースが並んでいて、ワクワクしっぱなし!(笑)

わ~~~、なんて素敵なリボン♪と思ってお値段を見ると、
(/||| ̄▽)/ゲッ!!!  0が一個多いんでないの?

あまりに好みなそれは、おフランス製でございました^^;

うーん、ワタシの目もずいぶん肥えたこと( ̄、 ̄)ノハハハァ~ 
と思うことにして、リボンは買わず目の保養だけに留めて。

付箋や一筆箋も充実の品揃えで、こまごまと買いこみました。

浅草橋がどんな町なのか、少しだけ分かった気がするので、
次回は(・・があれば)欲しいものを考えて出かけることにします。

リボンも目的があれば決してお高くはない ・・・ かもね。^^



PageTop

鉄道博物館へ

さいたま市にある「鉄道博物館」は、鉄道ファンならずとも
魅せられる展示が盛りだくさんです。

孫の@くんは、とにかく電車が好きで、
今回の上京では(と言っても既に2週間ほど経ちました~^^;)
デジカメのムービーで、ミニチュアの電車が走る様子を撮ったものと、
湘南新宿ラインの電車の模型がお土産になりました。

博物館には現役を引退した電車がたくさん集められています。
すぐそばで見られるのはもちろん、車両に乗れるものもあって、
小さな子も大きな子(鉄道マニアのおじさん?)も嬉しそう(笑)

tetuhaku2011-1tokkyuu.jpg

鉄道歴史年表には、上野駅や東京駅の模型がありました。
「はとバス」はその昔、上野駅から出ていたんですね。

eki-mini2011-1.jpg

模型の電車がレールを行ったり来たりしていて
(レールしか写っていませんね^^;)
ムービーでたくさん撮りました。

tetuhaku2011-1.jpg

ビューデッキでは、新幹線(東北・上越)が同じ目線で見られて、
凄い早さを実感します。
他にも、疑似運転体験ができるアトラクションやショップがあって、
電車好きなら一日いても退屈しないと思います。(年間フリーパスもあるようでした)

解説と共に、蒸気機関車がゆ~っくり回転しながら、
ときどき汽笛を鳴らす(現役当時のままの音で・・)ヒストリーゾーンでは
最後の汽笛を聞いて思わずジーンとしました。

tetudouhakubutukann2011-1.jpg

息子家族も、@くんを連れて出かけることにしたようですъ( ゜ー^)イェー♪

PageTop

バックが出来ました♪

バックが出来ました♪
・・と、♪は付けていますが、イメージ通りには仕上がりませんでした^^;

bakku-mizutama2011-2.jpg

赤くて大きな花がポイントの見本と比べて、
バックの淵を取り囲む花が小さ過ぎました。

形も、縦長になってしまって・・・可愛さ半減?
生地をフル活用したのがいけなかったようです。
生地の大きさに合わせてバックを作ってしまいました(笑)

bakku-hana2011-2.jpg

裏は少し凝ってみて・・
小物や携帯を入れるポケットに、レースなどあしらってみました^^

keitai-bakku2011-2.jpg

途中から、どんどん理想とかけ離れていくので
一気呵成に仕上げました(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

建設中の「東京スカイツリー」を見に出かけた日、

sukaitur--narihira2011-1.jpg

浅草寺界隈を散策しました。

仲見世通りで「甘酒」を飲みました。
寒い日だったので、甘酒を飲んでいる間は体がぽかぽかに。
一杯100円の幸せです^^

amazake-nakamise2011-1.jpg

ガラス張りの向こうで、舟和の「きんつば」を焼いています。

kintuba2011-1.jpg

人形焼きを見ていると、人形の形に合わせて
餡子の大きさ、形が違っているのを発見!(大げさな~・笑)

ningyouyaki2011-1.jpg

雷門の大提灯の下は、大変な人出だったので、
仲見世通りの先で、宝蔵門の提灯を撮りました^^
浅草寺は「雷門」と書かれた提灯があまりにも有名ですが、
ここの門の提灯も大きくて立派です。

sensouzi-2011-1tyoutin.jpg

浅草寺にお参りをして、階段から本堂前を見下ろすと
大香炉のまわりが線香に煙っています。

香炉の煙を、体の悪いところに当てると、悪いところが治るのだとか。
頭・・・重点的に治して欲しいところだったけど
ここも混雑していたので、また次回にでも^^

sennsouzikeidai2011-1.jpg

東京では青空が広がり、のんびり散策していたこの日、
北陸は大雪に見舞われ、留守家は孫まで除雪に駆けつけるほど
大変なことになっていたのでした~^^;

PageTop

東京国際キルトフェスティバル

先月末、東京ドームで開催されていた
「東京国際キルトフェスティバル」に行きました。
キルトはもちろん素晴らしい作品が展示されていて、
ため息が出るばかりですが、
ドームの中に、所狭しと並ぶ、キルト素材や小物のお店を覗くのも
楽しみでした。

ある素材屋さんの前を通りかかった時、
衝撃的に派手なバックに出会いました。 w( ̄▽ ̄;)wワオッ!!
思いっきり楽しくて、派手派手で外には持って出かけられないかも・・な程。(笑)

高い所に飾られていたのを、下ろしてもらってマジマジと眺め。

do-mu-kiruto-bakku2011-2.jpg

作る決心をして、材料を揃えてもらい、
完成品の写真も撮らせてもらいました^^

真っ赤で大きい花のキットは少し長さが足りなかったので、
(あと、ほんの2輪あれば足りたのですけど・・)
ワタシ用は、ピンクがかった一回り小さい花です。

後は、裏生地を、手持ちの布の中から選びます。
青とか・・・青とか・・・青っぽいものしか浮かばないの
どうしてなんでしょう?
赤に青とは、派手に拍車がかかりそうで怖い^^;

bakku-zairyou2011-1.jpg

出品作は素晴らしい物ばかりで、お口あんぐり!
今年、キャシー中島さんは、キラキラした何かを多用されていて
華やかなブース(写真、上から二枚目)になっていました。

他にはバックもありましたし、リンゴやハウスの作品も好きでした!

pattiwa-ku-do-mu2011-2.jpg

ハウスの作品が、雪降る町を作っていました。

kiruto-hausu2011-2.jpg

キルト大賞の作品は、もう、絵のようです。

nihonkirutotaisyou2011-2.jpg

凄いですね。
プレゼントを持ったサンタさんが大勢います。

taisyou-appu2011-2.jpg

会場は広すぎて、どこを見て、どこを見なかったのか分からなくなりました。
迷路(ここは迷路じゃないけど)には滅法弱いです^^;

PageTop

レジンアクセサリー体験教室

ネットのお友達に誘ってもらって、
「レジンアクセサリー体験教室」に参加しました。

先生は、やはりブログでボトルフラワーなどをアップしていらっしゃる
アンジェラさん です。
これは、アンジェラさんのアトリエの作品・・・のほんのごく一部です。

annzyu-ru2011-2.jpg

レジンアクセサリーは、ドライにした花を樹脂に閉じ込めて作るのですが、
工程が何段階にも分かれていて、室温にも影響される難しい作業でした。

シリカゲルの中に入った、ミニバラや小花から好きな材料をチョイス!
見本はアンジェラさん作のこちら↓(下)です。素敵~♪

rezin-kobana2011-2.jpg

逆さにした容器の中に花も逆さに入れるので、そこが難しいところです。
気泡が入らないように注意して~。
揺らしているうちに、バラの花弁が閉じてきて、イチゴのように(;´Д`A

rezin-bara2011-2.jpg

レジンアクセサリーって何?と思って出かけた不勉強なワタシでしたが、
細かく指導してもらって、無事にネックレスが完成しました^^
(中略が激しくてすみませんが、出来あがりです!)

rezin-kansei2011-2.jpg

どれもみな、素敵なネックレスになりました。

2011-2-kansei.jpg

ワタシのは、前から二番目です。

rezin2011-2.jpg

帰り際、外の光でwちゃんの胸元を見ると、
室内とはまた違った雰囲気があったので、一枚パチリ♪
良い感じですね~d( ̄◇ ̄)b グッ♪

wintyan-2011-2.jpg

大振りでインパクトのあるネックレスになりました^^
ワタシも、さっそく明日から身に付けることにしましょ。。。(嬉)

PageTop

杜の都、仙台へ

函館で一泊した次の日に、仙台へ行きました。

高いビルが並ぶ大きな都市で、駅周辺は道路幅も広く
バスに乗ると、曲がりくねった広瀬川にかかる橋を
何度も通る不思議な町でした^^

駅前から始まるアーケード街をずーーーっと歩いて、
突き当たると、さらに左右に続くアーケード。
有名な仙台の七夕祭りは、ここで開催されるとのこと!納得!!

突き当ったアーケードを右に折れて進んだ先に、
夕飯を食べることにしていた「かき徳」がありました。

「かき徳」の方へ曲がる角に「玉澤」という和菓子屋さんがあり
聞いたことがあるけど、お菓子が思い出せない( ̄  ̄;) うーん
店内に入っても見たことがあるようで、ないようなお菓子ばかり・・・
でも、この字には見覚えがあり、しばらくすっきりしない気分でいましたが
思い出しました~~~C=(^◇^ ; ホッ!
お正月に、らくがん粉の中から そーっと取り出して食べた
霜ばしら」のお店でした^^

simobasira-sendai2011-1.jpg

↑写真は仙台駅のお店のショーケースです。
本店では見かけませんでした。
注文したら奥から出てきたのでしょうか???
お土産に「ゆべし」を買ったのですが、これが止まらない美味しさで
「玉澤」・・しっかり覚えましたよ~♪

「かき徳」では、こんなの↓を食べました。
他にはカキフライなども・・

kakitoku2011-1.jpg

仕上げにセリが入るお鍋を平らげて
その後に作ってもらった雑炊の美味しかったこと!
三種類の味噌を乗せて焼いた牡蠣も美味しかったのですが、
雑炊が美味しいということはお鍋が美味しかった
ということですよね

そして次の日。
お昼過ぎの新幹線で帰るため、少ない時間でスムーズに観光するには!?
・・ということで観光バス「るーぷる仙台」に乗りました。
(多くのおすすめスポットがある中で3か所しか寄れなかったのが
不完全燃焼な気分なり)

まずは仙台藩祖・伊達正宗公霊屋「瑞宝殿」へ。

寒い中、ボランティアでガイドしてくださる方がいらしたので
頼みました。
伊達正宗を愛して止まない感じのおじいちゃまで、
20分ほどのはずが、40分は案内してくださいました^^

まずは涅槃門。
以前は国宝だったものが、太平洋戦争の戦災で消失。
その後再建されたもので、その後も色の塗り直しがされて
漆も彩色も鮮やかでした。

nehanmon2011-1.jpg

正宗公霊屋は豪華絢爛です。

zuihouden2011-1.jpg

ガイドさんと別れて、二代、三代藩主の霊屋を回り
また「るーぷる仙台」バス停へ。

二代藩主の霊屋も立派に再建されていますが、
資金が集められるのは、今でも正宗公の名だそうで
二代目さんでは、ほんの少しだけ豪華さもダウン?

kansaenden2011-1.jpg

次に降りたのは博物館・国際センター前。
広い博物館をせっせと見学!

そして青葉城址です。

戦災にあったので、残るのは城壁だけです。
石垣の素晴らしさは、下の道路を走っている車と比べても
わかりますね^^

aobazyouisigaki2011-1.jpg

伊達正宗公騎馬像が街を見下ろしています。

masamunekouzou2011-1.jpg

アップで見ても男前o(*^▽^*)oあはっ♪

masamunekibazou2011-1.jpg

良く晴れた日で、太平洋から遠くに浮かぶ船までが見えました。

senndaisinai2011-1.jpg

他にも、バスの運転手さんのお薦めがたくさんあったのですが
時間がなくて、バスの中からの観光です。

運転手さんの話も面白くて、
また機会があれば行ってみたい仙台でした。

PageTop

冬の函館へ

上京中に、函館~仙台へ行って来ました。

東北新幹線が新青森まで開通したので、
もう少しその先へ足を延ばして、函館まで。

津軽海峡の青函トンネルを通るのは初めてです。
「海底トンネルの一番深い地点は海面から240mで、 
青と緑の明かりが点灯している」とアナウンスがあったので、
目を凝らして真っ暗な車外を眺めていましたが、
行きも帰りも、いつの間に通ったのか分からず仕舞い。
目が乾くばかりで~~~~残念!!

「青函トンネルに入りました。」と、テロップは流れました。

seikanntonneru2011-1.jpg

トンネルを抜けると北海道です。
屋根から下がったツララの立派で長いこと!
雪ん子さんのところで「北海道の家は、雨どいが無い」と聞いていたので
家々の屋根と雨どいの観察を!
なるほど、車窓から見えるほとんどの家に雨どいが見えませんでした。
教えてもらわないと気が付かないことってありますね^^;

木古内を過ぎた辺り・・・海を挟んで函館山が見えてきました。

kikonai-hakodate2011-1.jpg

湾をぐるりと回って、函館駅に到着です。

市電の一日乗車券を買って、まずは駅前から「五稜郭」へ・・

「五稜郭」の全景を見渡せるタワーがありますが、
高所恐怖症のワタシには到底登れそうになく
(タワーを見上げただけで目まいがしそう。。。笑)
復元された(去年のことらしい)「箱館奉行所」まで歩いてみました。

星形の城跡は、やはり上から見ないとわかりませんね^^;
木々の雪吊りを見て終了です<o( ̄^ ̄)o> エッヘン!!

goryokukaku2011-1.jpg
                   ↑お昼に駅前の朝市で食べた海鮮丼。

海鮮丼は小サイズです。
新幹線の中で食べた朝ごはんのお弁当が結構なボリュームだったので
微調整しました^^;
でも、これ↓二段重ねがワタシのですが、美味しかったです~♪

ekibenn-2011-1.jpg


市電に戻って、函館元町エリアへ。
急な坂道を登って「旧函館区公会堂」や教会群を見て回りました。
「旧函館区公会堂」(中ほどの洋館)はずいぶん立派な建物でした。

「ハリストス正教会」(上から4枚目の写真)は
中を見たいと思っていたのですが、鍵がかかっていてNG!
教会行事でもあったのでしょうか?
残念だった人たちの足跡だけがたくさん残っていました(T▽T)アハハ

遅い散策開始だったので、夕暮れが迫っています。

hakodatemotomati2011-1.jpg


さて、函館といえば夜景ですよね((o( ̄ー ̄)o)) ワクワク
日没からの眺めの変化を楽しみにしていたので、
急いでロープウェイ山麓駅へ。

函館山は、屋内にも展望室がありましたが、
そこは通過して屋上へ出ました。 強烈に寒っっっ!!

hakodateyakei2011-1-3.jpg

15分ほどで夜景も変わります。

hakodate-yakei2011-1-2.jpg

さらに5分。
顔も手も凍りそうに冷たくて、もうギブアップ(〃゜д゜;A

yakeihakodate2011-1-4.jpg


暖かいホテルの部屋に戻って、逆に函館山の夜景を!

kakei-hakodate2011-1.jpg

真ん中あたりに見える青い光がロープウェイの山頂駅。
手前に見えるのが赤レンガ倉庫群で、土産物店や飲食店が入っているらしいです。
(時間が無いので、ささっと通り抜けました)

次の朝は、函館朝市へ。
明るくて広い市場にたくさんのお店が出ています。

実家その他へ「活きタラバガニ」を送り、任務完了です^^

taraba2011-1.jpg

まだまだ元町の坂道を堪能したかったのですが今回はこれまで。
二日目後半の行程、杜の都仙台に向かいました。

PageTop

ただいま~^^

今日の北陸は久しぶりの青天になりました。
お日様の威力は凄いですね。
屋根のひさしから、融けた雪がポタポタ・ポタポタ落ちています。

yaneyuki2011-2.jpg

庭はすっぽり雪の中ですが、これでもきっと嵩が減ったのだと思います。

niwayui2011-2.jpg

東京では毎日晴れていて乾燥し過ぎるほどで、
ニュースで伝えられる北陸、北海道、山陰の降雪被害がウソのようでした。

また高くなっていた東京スカイツリー。
撮ったままの画像でも、まるで色調整をしたかのような青い空です。

sukaituri-2011-1-30.jpg

帰りの新幹線を下りて、乗り換えの金沢行きの特急を待つ間に、
越後湯沢駅の除雪作業を見ました。
(折り返しの電車の遅れで30分ほど暇でした)

電車が来ると線路からホームへ退避の作業員さんたち。
ママさんダンプを腰かけにして、ほんのひと時の休憩です。

etigoyuzawa2011-2.jpg

今日の北陸が荒れ模様だったら、
「不公平だ~~~~(ノ`´)ノミ┻┻がっちゃ~ん!!」と
書くつもりでしたが、ワタシはやっぱり晴れ女?(笑)
留守中、除雪に駆けつけてくれていた息子やお嫁ちゃん、孫の@くんのお陰で
こんな呑気なことを言っています^^

ともかく
まだ2月に入ったばかりですが、どうかこれ以上雪の被害がでませんように!
お手柔らかに願いたいと切に思います。


PageTop